2008年06月19日

おまいらが海外鉄になったきっかけは?

鉄道(海外)(仮)@2ch掲示板より。


 1 :名無しの車窓から:2008/05/28(水) 21:48:14 ID:b5lHBxJt
 3年前の冬に1週間、独逸を鉄道で旅行して以来、海外鉄になりますた。


 2 :名無しの車窓から:2008/05/28(水) 21:50:40 ID:PkKKR666
 海外旅行したから…(以上)


 3 :名無しの車窓から:2008/05/28(水) 23:14:52 ID:MBK+Qtzv
 子供の頃の交通の図鑑。
 数ある乗り物のうちの1ジャンルといった認識。


 4 :名無しの車窓から:2008/05/29(木) 00:25:07 ID:Wx1i49u6
 所詮グラ○デ開業初期に単発で開催された鉄ヲタ本(常設化以前)
 フェアで入手した台湾と韓国の時刻表で、海外への興味が再燃。


 5 :名無しの車窓から:2008/05/29(木) 07:42:18 ID:pPdIOv44
 海外の鉄道模型を買ってから。


 6 :うま:2008/05/29(木) 15:00:51 ID:g3W2YKM6
 子供の頃、鉄道図鑑で海外の鉄道の項目を見てからです。
 しかし海外旅行はサンフランシスコにしか行ったことがありません(涙)


 7 :名無しの車窓から:2008/05/29(木) 18:20:11 ID:CJrO70Ma
 >>6
 俺も消防のころに図書室で見た図鑑の海外の鉄道の項目がきっかけだな。
 今は海外に行く金もないんでユーレイルパスのカタログを見て
 妄想してることしかできないんだがw


 8 :名無しの車窓から:2008/05/29(木) 19:06:56 ID:iOIq0f+O
 出張でドイツの鉄道見本市に行って、向こうの鉄道にハマって帰ってきました。

 以来、欧州型鉄道模型を買い込み、海外に乗り鉄・撮り鉄に行く人生に。

 日本国内限定だった頃より鉄道趣味は大きく広がったと思うが、貯金は減る一方…


 9 :名無しの車窓から:2008/05/31(土) 11:58:14 ID:mOKsvnjX
 12年前、長真弓著「オーストリア鉄道旅物語」(東京書籍)を本屋で偶然手にしてから。

 そこに書かれた路面電車や保存鉄道やゼメリンク峠やマリアツェル線に憧れて、
 その後新婚旅行もオーストリアに決めたんだが、当時勤めてた会社が潰れて計画が水の泡に(涙


 10 :名無しの車窓から:2008/05/31(土) 12:19:44 ID:ucGxv+9x
 日本の鉄道が狭軌だから


 11 :名無しの車窓から:2008/05/31(土) 14:14:13 ID:oK3vX4qI
 漏れが厨房のガキだった頃、ソウルオリンピックの時に目に留まったJTB時刻表の表紙のセマウルと
 その傍らを走る赤いソウル地下鉄1号線の車両の写真がきっかけで韓国の鉄道に興味を持ちました。
 その思いを十数年近く温めて実際に3年前と去年に合計2回逝ってしまいました。
 それを学生時代の鉄友に話したら「非国民」「売国奴」と罵られて絶交を言い渡されましたorz。
 それでも韓国の鉄道を嫌いになれない漏れです。
 まあ鉄友と言ってもそもそも本当に心の結び付きがかけらほどにもあったのかも
 疑わしい関係だったのでそんなの別にどうでもいいですが。


 12 :名無しの車窓から:2008/05/31(土) 14:17:48 ID:FqFjaLdF
 やっぱ、TGVの存在でしょう。


 14 :名無しの車窓から:2008/05/31(土) 23:07:33 ID:SkLeosLM
 >>11
 何故か日本では海外鉄は国内鉄に嫌われる傾向があるからなあ・・・
 自分も国内鉄には海外の話とかあまり出来ないわ


 19 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 06:29:50 ID:4yIciyTh
 「世界の車窓から」で海外鉄に

 日本の国内鉄の人らは確かに視野が狭い・・・
 なんせ「日本の鉄道こそ世界一」と信じて疑わないし


 20 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 10:26:37 ID:ZwRWO3n/
 >なんせ「日本の鉄道こそ世界一」と信じて疑わないし
 日本の台鉄派と台湾の鉄路迷も同じくだな。


 21 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 12:30:15 ID:5hksvU7Y
 ルクセンブルクの鉄ファンは、フランスこそが世界一と思っているかもしれない。(w


 25 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 20:49:39 ID:1yzP1D4c
 >>20
 スレッドの趣旨からははずれるが、台湾のファンも
 日本以外の外国といったら、
 せいぜいアメリカくらいにしか興味を示さないみたいだね。
 それも留学生の現地リポートとか…

 アジアのほかの国のファンも、自国以外の鉄道の話題を
 あえて持ち出すケースは少ないんじゃないの?
 あるとすればそれはビジネス的な観点からだろう
 (興味が昂じてビジネスにまで昇華しちゃった
 人もいるにちがいない)。

 ところで、俺が海外鉄になった要因のひとつだが、
 生来の地理好き・旅行好きだったってものある。


 26 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 21:37:03 ID:YwMI0haP
 >>25
 香港のヲタなんかは、自分の地域だと
 すぐにネタ切れになる(なのでバス趣味がはやるのか)
 から海外指向が強いみたい。
 旅行といったらだいたい海外(もしくは海外みたいな場所?)
 だろうし、富裕層が多そうだし。


 27 :名無しの車窓から:2008/06/07(土) 23:43:56 ID:5hksvU7Y
 >>25
 九州の鉄が九州内だけを対象にしないのと同じく、あんな小さな台湾だから
 進んでいる奴は自ずと海外に目を向けるだろ。


 28 :名無しの車窓から:2008/06/08(日) 09:49:15 ID:dXa98LwK
 >>27
 海外っても、ほぼ日本。
 今年から国内になった大陸や外蒙古より、北海道のほうが趣味の対象らしい。

 誠品に普通にスーパー北斗の本やらがあったぞ。


 29 :名無しの車窓から:2008/06/08(日) 11:46:04 ID:EC1VE27W
 列車が雪中を走る姿に憧れるんですかね。


 30 :名無しの車窓から:2008/06/08(日) 12:41:34 ID:ZwES4hg8
 去年だったか微風の紀伊国屋の日本旅行コーナーに北海道鉄旅行の旅行記by女の本が山積だった。
 向こうでも"鉄子"がはやってる??


 34 :名無しの車窓から:2008/06/08(日) 19:51:46 ID:o6fYGqre
 JRの採用に落ちて、東と東海は二度と使わないと
 決めてから。


 35 :名無しの車窓から:2008/06/10(火) 01:31:25 ID:SW75BL4x
 以前から海外の鉄道には興味はあったが、ThomasCookの時刻表をたまに買う程度で、
 ほとんど国内鉄だった。乗り鉄も撮り鉄もやった。
 しかし、忌まわしき尼崎事故が起こり、鉄道趣味からしばらく離れた。
 事故後の空しい罵り合いに、日本の鉄道業界や鉄道趣味界のレベルの低さを見た。
 日本の鉄道趣味が嫌になった。
 半年後に鉄道趣味を復活させた。海外鉄として。ただ、トータルで鉄道趣味にかける時間は激減した。
 国内鉄ヲタ人脈も、必要最小限に「整理」した。
 日本の鉄道が「優秀」だったというのは、所詮は虚飾でしかないと、海外鉄になって気づいた。
 海外鉄になって、この趣味が少しでも自分の役に立つように、
 海外雑誌を買って、語学の勉強を兼ねるようにしている。
 海外の鉄道の奥の深さ、そして、日本の鉄道の暗澹たる未来、何か複雑な思いだ。

 鉄道ブームなんて今の私には関係ないことだ。葬式鉄?罵声?もうどうでもいいことだ。


 36 :名無しの車窓から:2008/06/10(火) 20:58:12 ID:Ilnr8ulL
 子供の頃に見た雑誌に載っていた、海外の路面電車。
 地下走ったり、ケーブルカーで押し上げたり。


 37 :名無しの車窓から:2008/06/11(水) 23:04:50 ID:9DJl39mI
 いちど行ってみたら面白かったんだよ。
 情報が溢れている日本の鉄道と違って、
 すべてが「発見」なわけよ。

 今年の正月、インド・コルカタ市電の路線の
 「探検」なんか本当に楽しかったなぁ。
 だからあえていろいろ事前に調べずに行くのさ♪

 今の日本て、情報を確かめに行くようなもんでしょ?


 38 :名無しの車窓から:2008/06/12(木) 01:48:12 ID:fGtebN2c
 出張が先かな。出張で海外鉄に乗る機会があって(平行して英語力も格段にあがったが)
 海外一人旅がまったく国内感覚にできるようなった。
 あとは一直線…

 GWは中国で軟臥車にのったし、夏休みは南イタリアで乗り鉄だ。シチリア島にわたる
 鉄道連絡船に今からwktk。


 39 :名無しの車窓から:2008/06/13(金) 22:42:12 ID:TFuL29qt
 日本風の旧型客車を追って台湾へ行って毒されたヤツは多いかも。


 40 :名無しの車窓から:2008/06/13(金) 22:49:42 ID:RL1ASK4Y
 中国の列車見ちゃったから


 41 :名無しの車窓から:2008/06/13(金) 23:19:47 ID:DqMN+D57
 大学生の頃、2年程の間、別の趣味に没頭して、その間ほとんど鉄道情報を
 サーベイしていなかった。買ってた雑誌も買わなくなっていた。

 2年程して、本屋で久々に何気なく鉄道誌を買ったのだが、それを読んだ時
 恐ろしいほどの虚しさを感じた。

 確かに御無沙汰していた間に、いくつかの路線が廃止され、いくつかの路線が
 開業し、廃車によりいくつかの形式消滅があり、いくつかの新車が登場し…

 でも、結局消えるべき車両や路線が消え、予定されていた車両や路線が作られた
 だけ、2年間の変化を一気に見聞きしても、全然衝撃を受けなかった。

 それでいて紙面は、2年前と変わらず、空気輸送のブルトレレポとか、
 大半の人は聞いたことも無いような地方私鉄のDCが塗装変更したとか…
 正直どうでもいいレベルの話題ばかり。

 そのとき思ったのは、趣味の対象として続けられるには、一生かかっても
 探求しきれないほど奥深いか、常にダイナミックな変化が感じられるものか。
 残念ながら国内鉄は、そのどちらにも該当しないと感じてしまった。

 ちょうどその頃、立て続けにヨーロッパと中国に行き、いろいろ列車に乗った
 のがきっかけで…もう海外鉄どっぷりです。

 長文すまん。


 42 :名無しの車窓から:2008/06/14(土) 12:01:53 ID:NnT50QnC
 女性専用車を廃止しろ
 ふざけんな


 43 :名無しの車窓から:2008/06/15(日) 04:50:06 ID:Q+S5FryS
 車軸4−8−4の機関車を見てからかな。


おまいらが海外鉄になったきっかけは?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/ice/1211978894/


posted by 三葉虫是政 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。