2008年09月04日

演奏が止まってしまった

クラシック@2ch掲示板より。


 1 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 16:34:39 ID:Po2/RZV+
 ソロでも室内楽でもオケ、ブラスでも
 本番で演奏が止まる恐怖を体験してしまった人
 その時の赤裸々な気持ちをざっくばらんに語りましょう


 2 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 16:42:09 ID:heecsDuB
 トラウマ
 思い出すだけでも頭の中が真っ白
 胃がキリキリ痛む


 3 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 17:27:31 ID:2Y/LkuBD
 止まる時って、止まる直前くらいに「あ、これ、止まるな」とわかるんだよな。
 そうなってからしばらくして、案の定止まる。

 本番ではないけど、リハーサルとかであると、ほんと緊張する。
 リハーサルで止まると、本番ではその場所はこれ以上ないくらいに
 わかりやすく指揮者は振ってくれる。


 4 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 17:43:04 ID:mWli6mwp
 日本人ピアニスト(女性)で
 ハンマークラヴィーアの4楽章途中で
 完全に止まってそこからのやり直し
 というのに出くわしたことがあるな。
 照れ笑いというか苦笑いの表情浮かべてた。
 それまでなかなか良い演奏だけに
 残念だったよ。


 5 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 19:11:58 ID:svqYx5bC
 演奏会中に地震が起きて、プロオケがグダグダになったのを
 聞いた事がある。でも、震度3ぐらいだったからお客さんも
 多少ざわざわした程度。ソリストは(確か園田さん)普通に
 弾き続けていた。


 6 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 19:50:21 ID:dzzGlK4n
 オーケストラアンサンブル金沢が地元に公演に来たとき震度4の地震があった。
 ベト7の第二楽章だったんだが、演奏は地震を気にせず続行。

 けっきょく舞台袖から人が出てきて演奏を無理やり止めてた。
 あとで聞いたとこによると、岩城さんは地震があったことにすら気付いてなかったらしい。


 7 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 20:12:16 ID:uZ6drM4k
 伴奏の時、とちったけどテンポ崩さずに回復出来たのは奇跡だった…
 あの時の奇跡がもう一度起こるとは思うまい…


 8 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 22:57:33 ID:59llGylq
 演奏者が転んで楽器を落とした後も何故か演奏が続いていたのを
 見た事がある。


 9 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:01:53 ID:eI9zLkm5
 シノーポリとフルハーモニアとのマーラー5番。東京文化会館。
 4楽章の頭で始まるかどうかってところで、
 客席でゴトンって物音がした。
 シノーポリは指揮をやめた。
 客席にものすごい緊張がはしった。恐かった。


 10 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:23:08 ID:6rgphftM
 >>9
 うは・・・www 確かに4楽章の冒頭にやられたら
 (演奏者サイドとしては)ムカつくわ・・・・。

 すごい緊張感がホール全体を支配しそうだね。


 11 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:26:28 ID:x8KgybgP
 ウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックの来日コンサートの際。

 演奏の途中で客席の女性が意識を失って倒れてしまい、皆で搬出。
 演奏はいったん中止になって、会場内が落ち着いた後に、
 その楽章の初めからもういちど演奏が再開された。


 12 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:36:22 ID:l6ZeowHj
 >>9
 まったく奇遇なんだけど、多分同じ時のシノーポリとフィルハーモニアOの演奏会。
 会場と日にちは違うだろうけど、マーラーの前にモーツァルトのピアノ協奏曲を
 弾いた某日本人女性ピアニスト。途中でどう勘違いしたものか完全に空中分解して
 止まってしまった。再度弾きはじめたけど場内はかなり凍り付いたな


 13 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:44:03 ID:Q0ALjNf1
 逆に、コンチェルトのソリストが堂堂めぐりをやって演奏が終わらなくなったという話を聞いた。
 最後は強引に締めたらしいが、付き合ったオケは大変だったろうな。


 14 :名無しの笛の踊り:2007/11/24(土) 23:52:50 ID:ZrQzdDPg
 新国にルルを聴きに行ったら、3幕が丸ごと抜け落ちてた事はあったなw


 15 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 00:14:02 ID:a/1lWCYg
 カラヤンも若い頃、ヒトラーの御前演奏会でのマイスタージンガーで止まってヒトラーが
 暗譜で振ろうとしないで譜面台に楽譜置いとけと怒ったって有名なエピソードがあるね


 17 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 02:24:48 ID:qBuZpBcl
 >>15
 それはヒトラーお気に入りの歌手が酔っ払って入りを間違え、
 それに合わせた奏者と合わせなかった奏者がいて乱れたのを、
 ヒトラーが生意気な若造カラヤンのせいにしたんだよ。
 ま、そのおかげでヒトラーに嫌われてたということで非ナチ化では有利になったんだが。


 18 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 02:47:47 ID:9tT26ngd
 昔トロンボーンのソリストがテンション上がり過ぎて、スライドがスっ飛んだことがあったな

 まぁ止まりそうになったけど何とか持ち直したし、吹奏楽だから割とスレ違いなんだが


 19 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 04:29:09 ID:dLstM+pE
 大昔、コバケン・日フィル
 ラヴェル「亡き女王の〜」冒頭のホルンがグダグダで、
 途中でストップ・・・コバケンがサッと振り向いて(顔が真っ赤)、
 客席に御辞儀・・・頭からやり直し・・・っていうのがあった。


 22 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 10:39:00 ID:lqWmFd3k
 大昔、コバケン・ハンガリー 国立
 ヴェルディ「レクイエム」Ingemiscoのソロでテナーの声が出なくなって、
 途中でストップ・・・コバケンとテナーの少しの相談後、
 客席に待機していたピンチヒッターを舞台に上げて・・・
 ソロの頭からやり直し・・・っていうのもあった。


 23 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 10:44:41 ID:futefLco
 札響で展覧会の絵をやって冒頭が暴投で終わってから
 冒頭だけやり直しって・・・


 24 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 12:19:41 ID:2VXar4E0
 >>22
 あれは、最初から予期してたんだろうね。なら、交代しておけよと。

 止まりそうになったのなら、いくつか経験している。

 ティルソン・トーマス/LSOのマラ6(サントリー)。アンダンテの途中で
 おかしくなってしまい、止まりそうになった。何とか回避してたけど。
 さすがにLSOだな。こちらの心臓も止まりそうになったぞ。

 あえて名を秘す日本の若手ギタリスト(オペラシティ、リサイタルH)。
 バッハの組曲のどこかの楽章で、わからなくなってしまったらしく、
 同じところを3回ぐらい奏いた。何だかねー。

 どちらも暗譜だった。そういうリスクがあるんだから、楽譜置いとけよ。


 25 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 12:37:43 ID:1sCvJjkt
 ついこの間の弦楽器フェアの古典四重奏団の演奏で、「海峡を渡るバイオリン」
 の新作楽器のペグが演奏中に緩んで、調弦しなおして途中からやり直すハプニング
 があった。


 27 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 14:51:41 ID:5kqLvdb8
 合唱団一人倒れたくらいじゃ止まらないよ、普通。
 コンタクトずれたり、貧血起こしたりで1人2人いなくなるのは
 よくあることだ。
 山台崩れたら止まるけど。


 28 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 15:10:55 ID:FLRg+vQV
 ユタ交響楽団の合唱付き演奏会で山台が崩れた映像を
 民放のバラエティー番組で見たことがある。


 29 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 16:41:59 ID:CQUSOVlM
 1999年の4月だったか、デュトワ/N響のトッカータとフーガで止まりかけたね。

 2003年頃にもサンティ/N響のローマの祭りで最後に止まりかけてた。

 FM聴きながら「がんばれー、止まるなー」と手に汗を握ってしまった。


 30 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 17:21:21 ID:M3jAuKNP
 三枝成彰&新日フィル@山口市維新100年記念公園
 チャイ4の4楽章で頭から崩壊、仕切り直し。


 31 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 18:44:15 ID:qr0TD4jy
 チャイコの四番はついこないだ自分たちが止まったばかりorz

 第一楽章のウサギさんがピョコピョコ出てくるところでソロの人が入りを間違えてオケが大崩壊。
 数小節指揮者が元に戻そうと悪戦苦闘したけどもうどうにもならなくなってついにオケの演奏は中止。

 数秒間の間があって練習番号いくついくつからと指揮者がやり直しの指示を出して再度そこから演奏始めたけど

 もう本当に永遠のように長い間だった・・・


 32 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 21:00:25 ID:28J0EiCW
 止まった日って、やっぱ終演後鬼のように起こられるの?


 33 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 21:07:28 ID:1WojJztK
 吹奏楽の話で申し訳ないが、、、

 ローマの松のボルゲーゼの2/8から3/8に変わるところで指揮者が振り間違い、
 トランペットのファンファーレが崩れてカラオケ状態になっちまったorz


 34 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 21:13:47 ID:P7QcCh1T
 >>32
 鬼のようではなく、鬼そのものが怒りにきます


 35 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 22:12:19 ID:qr0TD4jy
 >>32
 指揮者は良くも悪くもやさしい人なので団員を怒ったりは絶対しない。

 終演後の打ち上げでは思い切り飲んで騒ごうという人が数人、
 お通夜のように落ち込んでいた人が数人、
 立ち話をしながら指揮者や団員の批判をしていた人が数人。

 ただ、その場では取っ組み合いや怒鳴り合いの大喧嘩にはなることはなかった。


 36 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 22:18:20 ID:f5zWKZVb
 俺はトランペットなんだけど、
 先輩が主催するクリスマスパーティーでファンファーレ頼まれた。
 練習もして準備万端。
 俺がトップで先輩がセカンド吹いたんだけど、
 司会の人の「さあ!ファンファーレお願いします!」の声で
 頭真っ白になって、最初から最後まで一音も吹けず…。
 先輩一人で下のパート吹いてファンファーレ終了orz
 オープニングだからお客さんは大注目だった。
 先輩立場なし。
 「俺はお前を絶対殺す」と言われましたが、後日メシを奢って下さったorz


 37 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 23:13:31 ID:ngahc6n6
 一音も吹けないというのが理解できない。
 なんで頭が真っ白になるかなあ。
 入りの合図とかトップ吹きなら自分が出すだろうし・・・。


 38 :名無しの笛の踊り:2007/11/25(日) 23:33:51 ID:uABUdh8e
 今日、所沢近辺で開催されたクラギタのコンサート、
 奏者が曲目間違いで止まりました。
 「ゴメンナサイ」が可愛かったぞ。


 40 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 00:58:08 ID:vlYA8jCT
 その昔ある新進女流バイオリニストがバルトーク無伴奏で弦切った瞬間
 「いやーん、切れちゃったーっ」と言ってスタスタ袖に下がって数分後
 恥ずかしそうに戻って来て楽章頭からやり直したのを見たことがある

 他にも4人ほど見たことあるけど声上げたのはその1回だけだったw


 41 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 02:02:51 ID:dIK1IYDt
 今までで一番凄かったのは、大阪でも最高のホールで弾かれた
 ラフマニノフのP協2番。

 前奏はOK。
 オケが入り、ピアノの最初の聞かせどころになったら、
 テンポが遅いまま。どうも指が通常のテンポでは動かないらしく、
 ズレたまま進む。
 聞かせどころでも、あくまでマイペースでゆっくりなピアノ。
 まるで初めて譜読みしてるよう。

 挙句に、わからなくなったらしく、堂々巡りを始めた。
 妙に伸ばした音で伴奏をしつつ、あせりもせず該当箇所を
 捜すオケメンと指揮者。
 やっと抜けだしたけど、まだ第1楽章。
 きっと、リハで「こいつは弾けねえ」と知ってたんだろうね。

 チケット2枚で1万2千円払った知人は、怒りまくってた。


 42 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 05:12:47 ID:NPifkjif
 >>41
 す、すごい!www
 いや〜逆にそういう場面に出っくわしてみたいなぁ。
 ただの凡演よりはよっぽどスリリングでいいよ。


 43 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 05:46:01 ID:Wp7LdoNN
 >>29
 >2003年頃にもサンティ/N響のローマの祭りで最後に止まりかけてた。

 それ俺も聴いてた。主顕祭で正しい人と間違った人が
 1小節ズレながらぐちゃぐちゃに進行してて笑ってしまったよw


 44 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 06:41:04 ID:7POm+uNr
 みんなすごいのきいちゃったねw
 >41
 ラフマ2番といえば、ついこの間のロンティボーコンクールで
 フランス人がすごい遅い2番を披露してたぞ。
 一楽章はピアニストがたらたら遅く弾いて、オケがテンポを早く戻すの繰り返し。テーマの所でとうとうずれた。
 三楽章に入る前に、指動かして準備してるなと思ったら、難所超ローテンポ。で、またずれた。
 パリ管も泣くわ。
 四大コンクールのファイナルだったんですが。


 45 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 06:49:38 ID:pwM7bWwn
 >>31
 そこは練習でも危険だって判ってたんだろ。
 本番のCDを聞くのは危険だ。
 コーダ前辺りで勝手にホルンが突っ走ってくのを
 聞くたびに怒りを覚えるぜ。

 そんなバカなソロに動じない弦楽器集団が居ないと駄目だ。


 48 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 12:54:03 ID:JSJhGHgH
 うちのアマオケの定演のアンコールでラデッキー行進曲を演奏。
 ウィーンフィル方式で、最初に打楽器がズンチャカズンチャカと長い前奏。
 お客さんが手拍子、そして指揮者、手拍子に合わせて舞台袖から颯爽と登場。
 大いに会場が盛り上がったところで指揮者、タクトを下ろし、オケの「弦楽器」が
 「チャカチャン チャカチャン チャチャチャ〜ラ チャララララッチャンチャン♪」
 で、2小節遅れて管楽器が
 「チャカチャン チャカチャン チャチャチャ〜ラ チャララララッチャンチャン♪」
 オケもお客さんも一瞬唖然。w
 どこを間違ったのか弦と管とで入るところが2小節ずれるという大ハプニング。
 もちろん演奏中断、指揮者、客席に向かって「まちがっちゃったみた〜い♪」
 お客さん、大受け。w
 あの爆笑ものの映像をyoutubeにアップしたいけど
 うちのオケからクレーム来るだろうな。w


 49 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 13:15:47 ID:/kHcOh3t
 声楽曲で、歌手の咳き込みのために中断するケースもあり得るよな。

 かつて「マタイ受難曲」の「初期稿」を聴きにいったら
 途中でテノール(福音書家)が歌いながら咳き込んだのでヒヤリとした。
 止まるというほどのものではなかったが。


 51 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 13:52:03 ID:pwM7bWwn
 >>48
 指揮見てないだけか、事前打ち合わせ内容を譜面に書き取る能力が無いのどちらか。
 弦が出たら管も出るんだって常識も忘れてるっ許せん! がはは。


 52 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 14:41:32 ID:jkdQF0K6
 ラデツキーくらいの定番曲はいちいち練習しなくても弾けると軽く考えている人多いと思うよ。



 俺もだけど。


 53 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 16:07:21 ID:qngNHIQ8
 >>51
 それでも、弦の音が出てしまったらそれなりに入れるところから
 入ればいいのにね。
 なんで、遅れてでも最初からということになるのか...?

 オモシローー。


 54 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 17:24:37 ID:n4mcIBrT
 昔、山田一雄がわざと指揮棒を飛ばして、
 指揮棒を取りに行く間演奏が止まっている、
 (オケの奏者もそのままの格好でビデオの停止ボタンを押したような感じで)
 というのを見たことがある。客は大受けだった。
 面白いことやるオッサンだったな。
 そういえば、指揮台から落ちたこともあるらしいが、そのとき演奏はどうなったのだろう?


 57 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 20:19:35 ID:5VZCTR+2
 >>54
 舞台の下から「続けて続けて」というジェスチャーをしながら這い上がったって何かの本で読んだな


 58 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 21:21:58 ID:68QMuxFk
 バーンスタインも舞台から転落した一人

 「俺はいいから続けろ!」

 イスラエルフィルは『フランチェスカ・ダ・リミニ』で今まさにフランチェスカ
 が地獄に落ちる箇所を演奏してたという


 59 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 21:54:53 ID:TyWwCh1E
 アマの話も始めたらキリないよね。

 中三のときの学校内の合唱祭。うちのクラスはピアノが割と難しい「青葉の歌」。

 ピアノ伴奏は可愛くて人気もあるSさん。
 練習のときはそんなことなかったに、本番で突然落ちる。
 幸いピアノソロ部分ではなかったので、歌だけで進んで、なんとか途中から復帰。

 卒業時に全員が配られる学校制作のCDには伴奏の落ちた演奏がしっかり記録される。


 演奏後、Sさんは泣いてしまうが仲良し女子グループで慰めあって
 リーダー格の男子も「気にすんなよ!」とか言って青春しまくり。

 その後、クラスでの同窓会はなし(or俺は呼ばれてない)

 つか、アマどころの話じゃないね。ごめん。


 60 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 21:59:20 ID:qngNHIQ8
 小沢征爾が振って、ブリテンの戦争レクイエム。
 合唱が途中で落ちてしまったのは内緒だ。


 61 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 22:42:34 ID:30PG6HxH
 第1回PMFのバーンスタイン指揮LSOによるシベ1。
 冒頭のクラのソロのところで、ホルン奏者が何かゆらゆらしてるなと思ってたら、
 グラリと崩れ落ちかけたのを、隣のホルン吹きがあわてて押さえ、
 バーンスタインもそれに気づいて演奏ストップ。
 バーンスタイン氏、「Doctor!」と叫んでいたなあ。


 62 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 23:01:44 ID:cggN5bVV
 パリオペラ座でのトリスタン。2幕の大詰、マルケ王の長い独唱に入った途端、マルケ王失神、
 前のめりに倒れて、イゾルデ近寄り頭抱きかかえてドクターコール、という茶番劇(?)に。

 そのまま2幕は立ち消え、幸いなことに3幕ではマルケ王も復帰して無事完走とはなったが、
 オペラ座の近くに宿を取り、徹夜で手に入れた貴重なトリスタンオペラ座公演体験が台無し
 にされた恨みは25年近く経った今でもまだ残っている。


 63 :名無しの笛の踊り:2007/11/26(月) 23:12:20 ID:6vD8WKY5
 >>24
 その時の舞台上でのコバケンの説明では、かなりの高熱があってとか言ってましたっけ。
 最初のKyrie eleisonの入りは良かったんですよ。
 何とかなると思ったのではないかと予想。

 しかしながら、代役はいきなり声出しもせずに歌えるもんなんですね。
 こっそり慣らしをしていたのかも知れませんが。


 65 :名無しの笛の踊り:2007/11/27(火) 22:57:41 ID:ALrfJ9zm
 N響がショスタコ15番をやった時に、始まって5分ほどでピッコロ奏者が
 呼吸困難で倒れてストップ、そのまま中止&払い戻しになった話はN響の
 中ではタブーのようです。

 ショスタコの木管は、いつ気を失ってもおかしくないようなパッセージが
 いっぱいだから、ある意味では「とにかく吹ければOK」みたいなところ
 がある。


 70 :名無しの笛の踊り:2007/11/28(水) 08:34:37 ID:f+m3l/oB
 指揮棒が飛んで、ヴィオラのおねいさんだったかの胸元にひょいっと
 刺さったとか刺さらないとかいう事故なら、舞台で出くわしたことがある。
 イケメン指揮者だったのでニヤニヤされていた。


 73 :名無しの笛の踊り:2007/11/28(水) 20:47:04 ID:515RNfEm
 パリトロンボーン四重奏団のコンサートにて、
 亜麻色の髪の乙女の冒頭にてベッケが超ppではじめようとして音が出なくて
 止まった。

 これは非常にほほえましいハプニング。奏者たちも会場も好意的な笑いが起こり、
 その後頭からやり直してすばらしい演奏でした。


 74 :名無しの笛の踊り:2007/11/28(水) 21:36:04 ID:4AgWwJN2
 ロンドンのQEH(クイーン・エリザベス)にて。

 ジョージ・ベンジャミン(作曲家・指揮者)がロンドン・シンフォニエッタ
 を指揮してブーレーズの「エクスプロザント・フィクス」をやったとき、冒頭で
 指揮棒を譜面台に引っ掛けてしまって、空中に飛ばした。後は、棒なしで指揮。

 ABQ(アルバン・ベルク)がラヴェルの四重奏曲を演奏したときのこと、
 第2楽章(スケルツォ)のピチカート開始の呼吸が合わず、1回始めてから
 やめて、やり直した。やっぱりあのカルテットはピリピリしたところがある。


 80 :名無しの笛の踊り:2007/12/07(金) 01:18:13 ID:L5Jr795f
 ふらっと行ったチェロのリサイタルで最前列に座ったら
 演奏者が若い女の人で短めのスカートはいて開脚するもん
 だから中が見えちゃってこっちの心臓が止まりそうになった

 演奏は止まらなかった・・・


 84 :名無しの笛の踊り:2007/12/16(日) 23:23:09 ID:X3YWHnbB
 昔、カラヤンが日本に来たときに、
 振り間違えて演奏をやり直したっていうのがあったな。


 85 :名無しの笛の踊り:2007/12/17(月) 01:22:26 ID:Mh1XwivA
 岩城宏行もメルボルンで『春の祭典』指揮して最後の『生贄の踊り』で振り間違えて
 演奏が止まったことがあったって言ってたな。


 86 :名無しの笛の踊り:2007/12/17(月) 01:40:22 ID:7K4Bgyu+
 >>84
 ベルリンフィルの大阪公演のやつな。
 ドンフォンのときにドビュッシーと間違えて、ゆっくり棒を降ろして
 しまって、オーケストラは目が点になったろうに、コンマスの安永が
 合図を出すとさすがBPO、一体になって曲を開始した。

 ほんとは誤魔化して突き進んでもよかったろうに、カラヤンは一旦、
 オケを止めて、冒頭から再開。


 91 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 21:04:03 ID:ozfwRqch
 某アマオケで実際に見た話。
 弦楽器から静かに始まる曲の冒頭でホルン軍団がボッ♪っとひと吹き。
 そのまま数秒間曲が進行していたが、
 指揮者が演奏を止めて「すみません、この曲は静かですごくきれいな曲なので
 最初からやらせてください」と言ってやり直しをしていた。
 その次の曲が大音量で始まる曲だったので
 どうもホルン軍団が曲順を間違ったらしい。


 92 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 21:51:19 ID:Y1gKt2hd ?2BP(0)
 自分オケやってるけどさ
 本番中もし自分がいきなり演奏をやめたら…ていう誘惑を常に感じる
 困るわ


 94 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 23:35:28 ID:CkudQsUm
 トップはともかく、弦だと影響ないだろうな。
 いや、トップでも大丈夫か。

 昔プロオケのビオラトップが、本番中いきなり
 上手へ消えて驚いたが、演奏は普通に続いていた。


 95 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 23:37:05 ID:zWiMwmCY
 ヴィオラジョークみたいだなw


 96 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 23:42:29 ID:wPl68HJG
 大昔の東フィルの定期。曲目はブルッフのコンチェルト。
 指揮は尾高さんでソリストはヤン・ウク・キムだったと記憶する。
 第一楽章が始まってすぐに、ソリストの弦がプツッと切れた。
 さすがに楽器を後ろの人と交替して済ませるわけにいかなくて、張替えに行った。
 オケもお客さんも待機したまま。すっごく時間が長く感じられた。


 97 :名無しの笛の踊り:2007/12/18(火) 23:50:39 ID:tDjd/yEY
 >>96
 去年の新日本フィル定期のタコVnコンではソリストの弦が切れてコンマスの楽器を借りて弾いてたお
 なんかやっぱり変な感じだったけど


 98 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 03:21:45 ID:qImYKrPl
 そこいくと五嶋みどりは演奏中2度弦を切りながら
 コンマスとサブコンマスのバイオリンを借りて滞りなく弾ききったな。

 あれはやっぱり凄いことなんだな。


 99 :名無しの笛の踊り:2007/12/19(水) 07:42:58 ID:deaILuwz
 ブーレーズの「エクラ」の日本初演のとき高橋裕次指揮のアンサンブルが混乱して止めたね。

 ドナウエッシンゲンではリームの「音の記述」のII部で混乱したのかギーレンがオケを止めた。


 100 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 11:09:30 ID:2bhA8ygQ
 クセナキスなんかやられた日にゃ
 止まったかどうかもわからん
 ど素人なそんなオイラですハート


 101 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 11:15:00 ID:ROrZP8Io
 クセナキスのピアノ曲なんかはどうやって省略して弾くかが勝負だから
 それで正しいです。


 102 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 17:22:59 ID:Gj9sAA/4
 五嶋みどり。
 京都でコンサート中、絃を切った。走って袖へ入っていったのはいいが、
 替えの弦を持って出てきて、舞台の真ん中で交換作業に・・・。
 ずーっとそれを見てなきゃいけなかった聴衆は、なんだかな、の空気になた。


 103 :名無しの笛の踊り:2007/12/20(木) 17:29:07 ID:Gj9sAA/4
 連続すまん。

 ツィメルマン、大阪公演で。
 ブラームスの作品118を演奏中、突然ピタと弾く手が止まった。
 すっくと立ち上がると、さっさと袖へ。
 聴衆は「???」

 いいしばらくして(アナウンスも無し)、また登場。
 「ブラームスのせいではなく、自分の鼻のせいですた」とひと言いうと、
 中途でやめた曲を最初から弾き出した。

 鼻水が垂れてきて、どうしようもなくなったらしい。
 この人、以前も鼻が出て演奏に集中できなかったことがある。


 107 :名無しの笛の踊り:2007/12/22(土) 12:39:47 ID:S85GYtrQ
 ツィメルマン、以前アメリカで
 ラヴェルの高雅にして感傷的の途中で
 「空調を止めに行ってもらってくるね(温度を下げてだったかな?)」と言って
 いったん袖に引っ込んでまた戻ってきて再開したことがあったらしいです。


演奏が止まってしまった
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/classical/1195889679/


posted by 三葉虫是政 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。