2011年01月29日

死ぬときの気持ちってどんなだろう

入院生活@2ch掲示板より。


 1 :名無しさん@お大事に:2008/08/27(水) 15:48:18 ID:v2iAxYzs
 苦しみながら、無念のまま死んでいくのかな・・・


 2 :名無しさん@お大事に:2008/08/27(水) 17:01:23 ID:TJP5xWXc
 申されませ無念てと…
 …む…無念…


 3 :名無しさん@お大事に:2008/08/27(水) 23:53:03 ID:L9WO9wGk
 多分殆んどの人が「元々居た所に帰るんだな」という意識が強いと思います
 お迎えも側に来てるのが分かるみたいだしね
 事故死や突然死は地獄行きで、
 病院で死ぬのは天国行きではないかなと考えてみるんだが


 6 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 08:19:17 ID:3xTlvG/G
 普段、眠りに落ちる瞬間がわからんのと同じ感じじゃね?


 7 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 10:42:56 ID:2Wikiy77
 え、まじで?って思いながら死ぬと思う


 8 :名無しさん@お大事に:2008/08/28(木) 20:39:24 ID:kbzxuyyL
 死ぬ時は死を意識して逝きたい。道歩いてて跳ねられて即死とかは嫌。布団の上で逝きたい


 9 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 02:50:44 ID:QSGi2EH/
 死にたくない
 生きてる内に不老不死のメカニズムを見つけたい


 10 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 09:30:12 ID:ktNRcprQ
 覚悟が出来るまでは大だ変な思います。
 覚悟が決まるとさすがに怖いものはなくなりますよ
 出来れば何かの役にたてればなぁとか考えます


 11 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 11:50:04 ID:h9E2f1TN
 呼吸停止した事あるけど「息出来ない苦しい」
 の後いきなり記憶無かったよ
 あれはあれで楽かも


 12 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 17:17:58 ID:5gaaqdJ9
 酸欠同じなんじゃね
 噎せすぎて呼吸出来ない時とか目の前が白くなる
 その延長だろ


 13 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 18:24:34 ID:QSGi2EH/
 冬の山で遭難したときに寝るなってゆうじゃん
 寿命で死んだり眠くて寝たり
 ある程度最後に諦めるから人は落ちるんだと思う
 もし死に際に最後の最後まで諦めないで生にしがみついたら回復するとかってないのかな
 それとも麻酔みたくどうやっても無理?


 14 :名無しさん@お大事に:2008/08/29(金) 22:38:26 ID:LnQ9tUps
 熟睡状態とおなじだろ
 目が覚めないところが違う


 16 :名無しさん@お大事に:2008/08/30(土) 20:48:19 ID:ukQF8HBD
 貧血で気失った事有るけど、似たような感覚なら大して苦しまない


 17 :名無しさん@お大事に:2008/08/30(土) 22:43:07 ID:a/M5uc48
 あの世など無い


 18 :名無しさん@お大事に:2008/08/30(土) 23:10:38 ID:T58Y4hCw
 あの世の居心地は最高らしいぞ
 だって今まで一人も帰ってこないんだからな


 19 :名無しさん@お大事に:2008/08/31(日) 00:44:54 ID:L1wfRpX/
 あーあ、セックスして死にてーなー。


 20 :名無しさん@お大事に:2008/08/31(日) 02:54:08 ID:IK+gSKwz
 童貞の嘆き


 21 :名無しさん@お大事に:2008/09/01(月) 10:52:48 ID:7oDdKbb5
 私も事故で一回死んだけど>>11みたいな感じ。
 すぐ意識が無くなる。


 22 :名無しさん@お大事に:2008/09/01(月) 14:30:29 ID:zRCiIzzy
 心の臓が止まり、血液の循環が停止。

 脳への酸素供給も停止。

 徐々に意識が無くなる。





 終了。


 生きとし生けるもの誰もが同じ。 悔いを残さないように生きるべし。


 23 :名無しさん@お大事に:2008/09/02(火) 01:28:32 ID:UM/uOPLv
 死後の世界を信じているから死ぬのはこわくないんだけど、死ぬ寸前の痛みや苦しみは
 かんべんしてほしいな。
 死んでからは、冥界とか亜空間とか、まあ地獄巡りもあるかもしれないけど、いろいろ楽しみたい。


 24 :名無しさん@お大事に:2008/09/04(木) 11:53:48 ID:Q1xSywWe
 寝たきりの人でも死ぬ前に一時だけ元気になる
 ラストリカバリー?だかなんだか
 人体の神秘のひとつらしいが、なぜ死ぬ前にそのようなことがおこるのかは不明


 寝たきりだった妻が病院のベッドの上で息を引き取る数分前に、当時3才だった娘を抱き寄せ「パパをお願いね」と笑顔で言った
 妻をベッドに寝かせ最後のキスをすると妻は俺の手を握り、俺が妻の頬に触れると、妻は眠るように息を引き取った
 わずか3分にも満たない時間だったと思う


 25 :名無しさん@お大事に:2008/09/04(木) 12:50:19 ID:8rxKa5Pr
 >>24
 嫁さんからの最後のプレゼントだったんですね
 きっといいお子さんになる


 26 :名無しさん@お大事に:2008/09/04(木) 17:43:47 ID:PjuF+YMW
 以前、交通事故で死にかかった。骨盤粉砕骨折で腰の大動脈を切り、出血の為意識がなくなっていく。
 痛みは感じなかった。あのまま死ねるなら死ぬのも悪く無い。
 今は余生みたいなもんだw


 27 :名無しさん@お大事に:2008/09/05(金) 05:14:39 ID:PFqUujgi
 死に近づくと死ぬことや神さまのことを考えるよな。
 こんな付け焼刃でなくもっと元気なときから考えておけばよかったよ。


 28 :名無しさん@お大事に:2008/09/05(金) 17:58:25 ID:k8mKVq77
 親父の最期を見るに、眠るような感じだな。苦痛はあんま無いみたい。
 でも、もうすぐ自分が死ぬなというのはうすうす分かるかるらしいんだよね。
 その心境は絶対理解できないね。


 29 :名無しさん@お大事に:2008/09/05(金) 18:04:56 ID:PGhlE7dU
 死ぬ間際に理解できるさ


 30 :名無しさん@お大事に:2008/09/05(金) 23:39:54 ID:CPR+w8YJ
 >>13
 昔北海道のスキー場で遭難して氷点下16℃の中で凍死しそうになったけど
 ガガガガって震えて2〜3時間したら急に体が温かくなってきて眠くなった。
 きっと脳内モルヒネが大量に分泌されてたんだと思う。今思えば


 32 :名無しさん@お大事に:2008/09/07(日) 06:53:50 ID:8Dy7EGnv
 天寿と言う寿命があって、自殺なんかをせずに最後まで全うしたら、
 天国に行って暫く休息の後、転生して今世に戻ります。
 死ぬ間際にあえぎもがくのは行き先が天国とは真逆の世界に行く時です
 死後の世界は有ります
 私は死後の世界は覚えてないけど、前世の記憶が多々あります。


 42 :名無しさん@お大事に:2008/09/21(日) 03:38:05 ID:TDVGGO2W
 目の前で飛び降り自殺した友達の死に顔は微笑んでいた


 44 :名無しさん@お大事に:2008/09/21(日) 11:57:35 ID:QB/QpRLr
 余命を宣告された人が見る風景ってどんよりグレー色かと思ったが
 実はその逆で光溢れてまばゆいばかりなんだってね
 それは元気な時には気にも留めなかった日常の風景が
 もうすぐ見られなくなる自分にはすごく尊くて貴重に見えるかららしい


 47 :名無しさん@お大事に:2008/09/22(月) 03:30:26 ID:2N8gahYb
 どうせ助からないなら苦しむより練炭かと思ってた
 でも凍死も悪くないなと思い始めました


 48 :名無しさん@お大事に:2008/09/22(月) 21:02:05 ID:uRakF3kW
 練炭は苦しいらしいぞ


 49 :名無しさん@お大事に:2008/09/23(火) 15:20:29 ID:MQjlf9On
 帝王切開で手術中、子供が産まれたのもわからないまま意識を失った。
 助かる見込みは無かったらしいけど三日目にふと意識が戻った。
 強いウィルスが脳に入り
 脳炎を起こしてたらしい。子供の顔も見られないまま逝く所だった。

 それまで健康体で、生きる有り難みなんてわからなかったけど、
 元気で生きられる事は当たり前の様で素晴らしい事なんだと思った。

 意識が戻ってからは神経科に入院した。薬を大量に飲んで自ら命を絶とうとしたオバサンと同室になったんだけど目を覚ますなり、
 医師に「タバコ吸わせろ!」だ、「何で死なせないんだ」とわめき立てる始末…。

 私よりも一回り以上年上の様に見えたけど、
 なんかやるせなかった。


 50 :名無しさん@お大事に:2008/09/23(火) 16:43:12 ID:fOsUWYTJ
 死ぬならあっちが悪い交通事故だな
 保険金やら示談金やらで親兄弟に最後は何とか礼したい


 51 :名無しさん@お大事に:2008/09/24(水) 01:02:09 ID:qkEEo4We
 死ぬ前には、ある種の脳内物質が分泌され痛み苦しみを和らげてくれる。
 お香のにおいがして来て、幸せな気分になる。


 52 :名無しさん@お大事に:2008/09/24(水) 14:57:59 ID:rPplFSCz
 47-48
 他の自殺の場合
 躊躇った形跡やもがいた形跡があるらしい
 でも練炭にはないんだと
 救命の担当が言ってた
 北海道でもたまに自殺じゃないけど、部屋で寝てる間に
 ってあるじゃん。
 あれも理屈は練炭と同じだろ?


 53 :名無しさん@お大事に:2008/09/24(水) 14:59:19 ID:rPplFSCz
 安価忘れた>>>47-48


 54 :名無しさん@お大事に:2008/10/01(水) 02:36:45 ID:XdoZ+1Qm
 ガキの頃、自転車で走行中に軽トラの後ろにぶつかった事があるんだけど、
 あんだけの衝撃あるとその部分がじーーんってなるだけで痛みはあまり
 感じなくて、すぐに立ちくらみのような状態になった

 それ以来、死ぬ時は立ちくらみみたいな感じで現実と死の狭間をふわふわ
 して気づかないうちにふっと逝くんだろうなって思ってる


 55 :名無しさん@お大事に:2008/10/02(木) 21:06:35 ID:tqWNHJDO
 飲めない酒を付き合いで飲まされ帰る頃には
 周りの景色が遊園地にあるビックリハウス状態

 そのまま外に出て
 直立不動のままアスファルトに倒れ
 後頭部を強打
 頭がジーンとなってイタ気持ちぃぃ
 ずっとこのままでいたい

 意識が正常に戻ると後頭部に激痛
 デカイたんこぶで済んだが下手すると死んでいたと
 思う


 56 :名無しさん@お大事に:2008/10/09(木) 19:35:47 ID:kMD1taoM
 バイク乗ってて車と接触して片道道路6車線の真ん中に吹っ飛んだ。
 早朝だったので後続車はなく、そのあと通りかかった車が救急車呼んでくれた
 (接触した車は逃げた)から助かった。

 吹っ飛ばされる途中死を覚悟した…けど
 地面に叩きつけられた衝撃にびっくりはしたがその後は
 おだやかに気を失ったよ。衝撃の後は痛みも恐怖心もなし。
 眠りに入る瞬間みたいにスッと落ちた。
 死ぬときってこんな感じなんだろうなって思った。


 57 :名無しさん@お大事に:2008/10/15(水) 00:11:09 ID:tppoCmbU
 一度、低血圧でブラックアウトしたけど、(上が60くらい)すごく気持ちがよかった。
 本当に>>56が言っているように、疲れきって、眠りに入る瞬間のようなもの。
 死ぬときってあんな感じなんだろうなと思う。死ぬ瞬間てそう、悪いものでは無いんじゃ
 無いかな。


 58 :名無しさん@お大事に:2008/10/15(水) 00:39:15 ID:3IoKFj69
 この前、扁桃腺切除オペ受けた。時間通りに終わり、意識も浅い所まで回復した。意識は無いが、大脳が覚醒していてオペ看や麻酔科の会話が耳に入っていた。

 その頃に人工呼吸器外された。が、自発呼吸に切り替えが出来ず、出来ないと言うよりそれってどうするんだっけみたいな感覚。

 だんだん息苦しくなって声も出ない、話せない、動けないずくしで、死ぬかと思った。耳に入る会話で、酸素濃度が低下してる事に気付いて急遽呼吸器や麻酔のやり直し。

 自発呼吸するまで一日ICUに入れられた。呼吸停止から呼吸器の付け直しまで賞味5分間だったとかで、脳にダメージ与えると誰もが思ったが、全く損傷なく意識が回復した。

 人が亡くなる前の下顎呼吸ってあるけど、今回の呼吸中枢が麻痺していて息が出来ないのと同じようなもんだと思った。

 亡くなる瞬間ってこんなもんだと分かったよ。


 59 :名無しさん@お大事に:2008/10/15(水) 05:01:30 ID:CNG6zlRu
 人間は死ぬ瞬間に苦しみの限界を超えると、ヘロインの何十倍もの脳内麻薬を分泌するらしいです。


 60 :名無しさん@お大事に:2008/10/25(土) 16:15:15 ID:BiV/dEZc
 おまえら、願望や妄想(医学的根拠の無い)ばかり書くな。
 死ぬ瞬間はともかく寸前までは体の痛みと苦しさでのたうち回って死を迎えるものだ。
 癌は特に。 死んだこともないのに死ぬ時は気持ちいいなんて分かるわけない。


 61 :名無しさん@お大事に:2008/10/25(土) 17:27:49 ID:HgPn1+h5
 あれだ…気付いたら生まれてきてたって感じで、同じように気付いたら死んでた
 って感じがする
 生まれてくる時も痛かったはずだしね


 68 :名無しさん@お大事に:2008/10/30(木) 00:09:08 ID:TyR8my0C
 10年も前だけど、ガンで闘病してた、じーちゃんの死に目にあった。
 もう何週間も、会話は出来ず、目線も定まらず、耳も聞こえてるのかわからない状態。
 そしてついに、ある日の明け方、医師から呼び出された。
 じーちゃんのベッドを、ばーちゃんや子供、孫の10人近くで囲み、代わる代わる声を掛ける・・・
 もちろん返事や反応があるわけではなかったが、ただひたすら声を掛ける・・・
 そして、ベッドの側にあった機器の音が突然鳴り出した。それは、まもなくじーちゃんが死ぬ事の知らせ・・・
 皆が泣き叫ぶ中、とんでもない物を見た・・・。なんとじーちゃんの目から、静かに涙が溢れ出した・・・
 そして間もなく息を引き取りました。

 あの涙は・・・人間の死メカニズムで出た?それとも・・・自分が死ぬと分かったから・・・


 69 :名無しさん@お大事に:2008/10/30(木) 00:19:56 ID:2QVdZHgR
 ここ読んでよかった。
 30過ぎてあちこちガタがでてきて病への恐怖で
 眠れないくらいだったんだけど、なんとか太刀打できそう。


 70 :sage:2008/11/01(土) 00:41:38 ID:QpbPhm/Z
 自転車で信号を渡ってるとき、左折してきた車にはねられた。
 全然痛みは感じなかった。頬と掌にアスファルトの冷たさが伝わってきた。
 朝なのに夜みたいで、まわりで誰かが「大丈夫だから」「がんばれ」みたいなことを
 言ってたけど暗くてすごく億劫な気分だった。記憶はそこまで。
 目が覚めたのは、手術の4日あと。
 意外とやすらかに死ねていたかもしれない。

 結局、片方の足首を失った。
 耳がちぎれた。
 死ねていたら、と思う。


 71 :名無しさん@お大事に:2008/11/01(土) 12:34:16 ID:kCPxV4Yx
 そーゆー時、しんだほうがマシだったと考えるよね


 76 :名無しさん@お大事に:2008/11/02(日) 19:25:50 ID:7Ep77mbK
 全身麻酔の手術を受けた時、点滴に麻酔薬を注入されたんだが、
 眼をつぶるのとは違い、視野の周辺から中心に向かって暗くなり
 最後に中心部もぷっつりと真っ暗となり
 死ぬときはこんな感じかなと思いつつ意識がなくなった。
 二度目の時は眠るように気持ちよく意識を失ったから、
 最初の時は見習い看護師で一気に薬いれたからだったんだろうな。


 77 :名無しさん@お大事に:2008/12/28(日) 23:17:43 ID:6DguQLWV
 風邪ひいて、一週間近く熱が下がらず行った病院で、血液検査の結果白血球が3万を越えていた。
 地元で評判の良い医師に「血液の腫瘍も疑った方がいい」と言われた。
 その夜は熟睡できなかった。
 5年以上生きれる可能性は50%。娘は6歳。今から女親を必要とする時なのに…。
 大人になって行く娘の成長を見続ける事ができないだなんてイヤ。
 でも…突然の事故や事件や災害で残酷な死にかたするよりも、家族に囲まれて逝くほうが幸せ?
 まぁ…一晩で色々考え、死をポジティブにまで受け入れようと必死でした。
 3日間点滴に通い、詳しい検査結果の結果、「白血病の疑いは消えました」とハッキリ言われた。
 それからというもの、世間が明るく見え、娘のイタズラやわがままを愛おしく感じるようになった。


 79 :名無しさん@お大事に:2008/12/29(月) 15:20:35 ID:BzDmyGwN
 突発的な事故など、自分で「ソレ」を意識できない死と、「ソレ」を意識しつつ意識がなくなっていく、
 では何かが大きく違うよね。きっと。

 ソクラテスが毒殺(自ら毒を飲み)され、その時に弟子たちに向って
 「騒がないでくれ。私に死を観察させてくれ。
 ああ、足が麻痺を始めた。腕が麻痺してきた。意識が切れてゆく。なんと言うことだ、
 それでも、それでも依然として私は私のままだ! いささかも私は消えていない。ああ、舌がしびれてゆく。
 皆の者、聞いてくれ。言葉は最後になるが、私はまったく私のままだ」
 と死んでいった。
 (原文とはだいぶ違うけど、大まかにはそんな感じ)
 様なことを弟子のプラトンが後に何かに記したそうだ。
 これをどこかで読んだ時、何かが少しだけ楽になったような記憶がある。

 ちなみに、私が以前、もうだめだ…と、精神的にも肉体的にも逝きそうになっていた時は、
 宗教や精神世界の書物より、哲学や言語学の本がずいぶんと前向きに肯定的に生きるヒントをもらったような気がした。
 参考までに。


 80 :名無しさん@お大事に:2008/12/29(月) 21:53:33 ID:L/0ZHNY7
 仏教は哲学と宗教のいいとこ取りだからおすすめ


 81 :名無しさん@お大事に:2008/12/29(月) 22:41:39 ID:2rhAeRzH
 宗教、精神世界、哲学は深くはわからないけど、なんとなく理解できる。
 言語学はなんぞ?


 84 :名無しさん@お大事に:2009/01/03(土) 14:35:42 ID:hOGqNYen
 言語学、言葉をひも解くと、そのまま精神や哲学、存在とは、自分とは、の世界に入り込むんです。
 読むのなら、本格的な言語学の解説書は難しすぎるのでNG。
 入門書程度で。


 86 :名無しさん@お大事に:2009/01/24(土) 20:32:17 ID:hKvzX5tR
 宗教や戦争は知らんが、出血多量や腸閉塞で七回程緊急手術されてるが、
 最期が近づいてくると視界が半分黒くボヤけて、ちょっと体が楽になったな。

 試すなよ。
 死ぬ思いするから。


 88 :名無しさん@お大事に:2009/01/25(日) 10:53:36 ID:flUFaM/R
 この間仕事中に肘を強打してショック症状を起こした。
 うずくまって冷や汗かいて意識がもうろうとして目の前が真っ暗になって
 正直ヤバイと思った。
 薄らぐ意識の中、自分の葬式の映像が勝手に頭に流れてきた。
 知り合い達が
 「元気だったのに…どうして(死因)亡くなったの?」
 「何かヒジ打ったらしい…」
 「えっ………。」
 ってなる会話を見た瞬間、今この理由で本気で死にたく無いと思った。
 まぁ五分ぐらいで復活したけどね。


 89 :名無しさん@お大事に:2009/01/25(日) 22:29:10 ID:ItvKc7qQ
 全身麻酔したトキ、視界が周りか暗くなっていった。
 いつもあんなんだろうなと思う。


 90 :名無しさん@お大事に:2009/01/25(日) 23:37:27 ID:ItvKc7qQ
 >>89
 訂正
 ×周りか
 ○周りから


 91 :名無しさん@お大事に:2009/02/08(日) 23:12:21 ID:jXdY8Z4M
 激しく吐いた→四肢脱力感→高熱→意識がなくなる→(死にかけた)→救急車で病院へ担ぎ込まれた→生きかえったよ!


 92 :名無しさん@お大事に:2009/03/12(木) 22:39:08 ID:kyUPY5EG
 私の祖父祖母は自宅でなくなりました。2人とも死の前日に高熱が出て意識不明のような状態に。
 もうだめか、と思うと翌日今までよりもずっと元気になり食事を沢山美味しそうに食べました。
 祖父は若干ぼけてて家族の顔もわからなかったのですがその日の朝急に父や祖母の顔を見て
 「今までありがとうね」と言いました。その後昼寝をしてそのまま息を引き取りました。
 病名はわからず92歳と高齢だったので老衰だろうと。その後数年後祖母も同じように死ぬ直前に元気になりその後静かになくなりました。
 おどろくことに家で飼っていた犬もインコも同じように
 死ぬ前日に状態が悪化→翌日すこぶる元気になり食欲も旺盛に→数時間後死去。
 という過程で亡くなっています。
 これはほんと、死ぬ前に完全燃焼するって感じでした。
 痛み等で苦しまず自宅で自然死は私の理想です。


 93 :名無しさん@お大事に:2009/03/15(日) 15:38:28 ID:xuzZPl6/
 >89
 全身麻酔は寝てるだけだから。
 死ぬときは抜けます。
 火葬されるとき気持ちいいらいいよ。


 94 :名無しさん@お大事に:2009/03/15(日) 20:45:28 ID:dR5cIfqW
 黒澤の「生きる」を見るたび人生の意味を考えてしまう


 95 :名無しさん@お大事に:2009/03/19(木) 22:29:15 ID:8GhTudM5
 俺は、いてぇなと思って死ぬ。


 96 :名無しさん@お大事に:2009/03/21(土) 12:43:25 ID:rzXKfvc1
 このままアラフォー童貞でSIMのは無念。せめて一回看護師とお相手してもらいたかった。


 97 :名無しさん@お大事に:2009/03/21(土) 13:54:35 ID:wMtpuZK9
 死の直前になると、脳から脳内麻薬が大量分泌されるそうな。
 死の直前に至るまでは猛烈に苦しいだろうけど、一線を越えると
 苦痛は幸福感に変化すると聞いた。


 98 :名無しさん@お大事に:2009/03/29(日) 05:41:57 ID:njez3SBF
 突然左半身の自由が利かなくなって、脳に問題がありそうだったから自分で救急車を呼び
 身支度して部屋を施錠し、壁によりかかるようにしながら階下へ降りて救急車を待った。

 到着した救急隊に手をあげて合図するのが精一杯で、救急隊の人達と会話・・左半身がマヒしている
 ということを口にしたのは覚えている、そこから記憶はあいまいになる、自分の名前を執拗に呼ぶ声と
 胸に感じる強い痛み、「手を握ってください」と言うのも聞こえたような気がする。

 脳梗塞でした。

 結局意識が損なわれた状態では大して死は怖くないと思います


 99 :名無しさん@お大事に:2009/03/29(日) 08:46:15 ID:V9Nh8yAH
 あたしも局部麻酔ですら怖くて、死に近い現象??と思ってしまった。次、来月くらいに予定あるんだけど全身麻酔なんかされたら、もう暴れるかも


 106 :名無しさん@お大事に:2009/04/13(月) 06:10:12 ID:h+DgA1n7
 全身麻酔?楽でええやん。覚めてからは個人差があるが。
 局所麻酔効いてない時の眼球への注射のが痛いし恐い。


 107 :名無しさん@お大事に:2009/04/15(水) 17:31:50 ID:GMwVHwod
 入院の前日、「友人と電話で話していたら急に心停止して死ぬ」という夢を見た
 胸にウッときて、電話で話している友人に
 「私の預金はみほちゃんにあげて」と言いたかったのだが
 もう声も出ず死亡、という夢
 手術はうまくいって退院しましたが
 人間死ぬ時はあんなもんなのかと思いました


 108 :名無しさん@お大事に:2009/05/13(水) 22:01:05 ID:KAcCOtSO
 麻酔科医「では点滴から眠くなるお薬を入れていきますよ〜」
 麻酔科医「い〜ち、に〜、さ〜ん、よ〜ん…」

 麻酔科医「○○さ〜ん、手術の方は無事に終わりましたよ〜」


 全身麻酔ってこんな感じ。麻酔が切れると激しく動く(暴れる)人は居るとのこと。


 109 :名無しさん@お大事に:2009/05/13(水) 22:24:39 ID:Spq3+BzE
 大動脈解離で気を失う。次に目を覚ましたのが四日後。何も覚えて無かった。
 そのまま死ぬ人も多いらしいが死んでたら何も知らずにあの世へ行ってたことになる。


 111 :名無しさん@お大事に:2009/05/17(日) 21:30:24 ID:2XnATiOm
 「来るべき時が来た」って悟るんだろうなぁ。


 112 :名無しさん@お大事に:2009/05/18(月) 13:41:54 ID:syEL/5yi
 死は新しい人生の始まりだよ。

 あ〜良く寝た!と言って爽やかな朝を迎えるらしい。

 肉体は五欲の塊で生は夢を見てるのと同じだよ。

 死んだ後、眠りから覚めたように覚醒する。

 そしてしばらくは自分の人生を振り返って反省する。

 あのときああしておけばよかったって。

 価値感が変わるからたいていの人は反省する。

 だから、今を大事にしよう。


 113 :名無しさん@お大事に:2009/05/21(木) 05:00:32 ID:bpqppGlg
 病気が進行していてもうすぐ逝くような気がしたから
 医師に「あと三年くらいは生きれますか」とたずねたら、すごく言い辛そうに
 「う〜良く持って、、ぐらいかな」とのお返事
 昨年、入院した時点で逝く覚悟も出来てるし準備もしてきたから
 怖くもないし悔しくもない
 娘22歳、息子20歳は家を出て頑張って社会人してるので心配ない
 孫はまだなのが少し寂しいかな
 44年間、精一杯生きましたw
 貧乏だったけど頑張って会社も興して社長にまでなったけど社会的事件のおかげで潰れた
 やる事はやったので死ぬ恐怖は微塵もない
 人生は時間という長さではなく「生きた」という密度だと今は思う
 とりあえず「これから」の皆さんは一日、一日を精一杯に楽しく正しく過ごして下さいね


 114 :名無しさん@お大事に:2009/06/28(日) 00:26:06 ID:vP3yFzyo
 >>113
 そこまで決心するまでの心情を察する


 115 :名無しさん@お大事に:2009/07/03(金) 10:16:16 ID:UKhNgGI9
 しんじゃ嫌ー


 116 :名無しさん@お大事に:2009/07/03(金) 15:40:37 ID:V5ADxNoj
 安心しろ。

 結婚して、子供を育て、孫が出来て・・・。

 今までもこれからも、みんな同じ様に生きて行くだけ。

 夫婦揃って80歳にもなれば、「死」なんて近い存在になります。


 平穏な最後を迎えられるように日々過ごす事が、何よりも大切。


 117 :名無しさん@お大事に:2009/07/03(金) 18:33:32 ID:HA8JRoLH
 俺が死んだあとも世の中つづく、と思うと窒息しそうな気分になる。
 たとえば石川リョウ、あいつの引退は今から40年くらい先だろうけど、
 そのとき俺は引退どころかお陀仏していて、その姿をおがめない。
 長嶋の引退も見たのに今度は見れないなんて。
 世の中、30年前と様変わりだが、この先30年後は確実に 知れない 。
 何か拗ねてしまうんだが、これはダダをコネテルんかね?


 118 :名無しさん@お大事に:2009/07/03(金) 19:14:27 ID:EL/7la4f
 心配するな。
 お前がいなくなれば、世の中もなくなる。
 お前が生きている世界は、お前が作り上げている、お前だけがアクセスできる、お前が主人公の、お前だけの世界だ。
 それを創造する想像主のお前がいなくなれば、その世界もなくなる。
 お前が続くであろうと思い込んでいる世の中と言うものは、他人の創造する他人の世界だ。


 120 :名無しさん@お大事に:2009/07/04(土) 03:39:46 ID:PAAMbeMC
 5階から飛び降りたとき、ジェットコースターみたいにふわっと心臓が浮いてスッと意識がなくなった。
 怖かったけど全く痛みはなかった。

 1ヵ月半ずっと薬で眠らされてた。
 不思議と目が覚めた時は、生きてることに疑問は抱かなかった。

 意識のない間怖い夢ばっかり見てた。
 何時間も語れる夢の量だった。


 121 :名無しさん@お大事に:2009/07/04(土) 10:56:22 ID:loF8u+5C
 >>120
 どんな夢か興味しんしん。
 何時間でも語ってくれ。
 予告編で終わらせんなよ!


 125 :名無しさん@お大事に:2009/10/20(火) 00:46:16 ID:/8eogaa1

 人間の致死率は100%


 126 :すいれん右麻痺 ◆EA7lv3jMm4z8 :2009/10/30(金) 09:55:50 ID:HEfbA1+9
 >>125
 いい事をいうなぁ。

 私は一度、仮死状態になったらしいけど、半身不随ながらもなんとか生きています。


 127 :名無しさん@お大事に:2009/11/20(金) 04:22:01 ID:VpOfqRNq
 私本当にがんになったんだ


 128 :名無しさん@お大事に:2009/11/20(金) 05:48:11 ID:YkwDK3G7
 もう一度生きるチャンスを与えられたら。
 一生恩にきるでしょう。


 129 :名無しさん@お大事に:2009/11/23(月) 08:45:28 ID:7Ww6IbqR
 一度きりだからこそ輝くのですよ


 130 :名無しさん@お大事に:2009/11/25(水) 22:59:12 ID:tj1P9oAz
 病気の女に求めすぎてませんか?
 与えることをせず あれもこれも欲しいって どう考えてもおかしいよw
 死にかけてる苦しんでる時に いじめるからさ


 132 :名無しさん@お大事に:2009/12/05(土) 14:02:45 ID:6nZE4gm3
 事故で車にはねられて気絶した
 あのまま死んでたら痛くもかゆくもなく知らない間に死んでた
 ぶつかった記憶さえない
 いきなり真っ暗になった


 140 :名無しさん@お大事に:2009/12/18(金) 01:55:11 ID:2/MAylEx
 俺もパソコンやってたら突然ものすごい気持ち悪くなって息苦しさ寒気、頭痛と目眩で目がまったく見えなくなって
 死にそうになったことがある。頭の辺り触るとピクピクしてる
 程度は様々で小学校5年ごろから症状があるんだが
 ホント苦しかったから死ぬときは苦しまないで死にたい。
 病院に行ったがいくら説得しても精神病とか糞診断しかされなくて未だに不明で心配だわ。


 150 :名無しさん@お大事に:2010/03/22(月) 17:20:49 ID:7TBPXLlf
 今度心臓の大動脈と大動脈弁の手術するんだけど
 麻酔で意識が無いまま死ねるなら別にいいかとおもってる


 151 :名無しさん@お大事に:2010/03/28(日) 04:25:04 ID:rOuguMU+
 事故って記憶なくしたとき
 その間ずっと事故現場と家をうろうろする夢を見ていた
 死んだらその世界なのかと思うとなんか悲しい


 153 :名無しさん@お大事に:2010/04/11(日) 17:27:13 ID:qEf/unfL
 巨人のキムタクがグランドで倒れた時って、いきなり意識が飛んだ感じだったな。
 不謹慎だが死ぬなら、あんな感じが理想だよ。


 156 :名無しさん@お大事に:2010/05/13(木) 06:10:50 ID:hoM2PQyG
 今、抜け殻が目の前にあります。
 あの子は今頃どこにいるのでしょう?
 何を考えてるのでしょうか
 信じられないけど土曜日にはお葬式

 死を覚悟してたとはいえ、余りにも早過ぎる旅立ち…
 以前見ていたここを思い出し書き込んでみました


 157 :名無しさん@お大事に:2010/06/13(日) 09:14:18 ID:I9IXxBnx
 人間はいつかは死ぬ。
 その時の心構えを教育するのに学校はふさわしくないだろう。
 家庭もクズが多くまともに育てることもできないありさま。
 死ぬことと向き合って生きる大切さを考える。
 そんな大切なことがなおざりにされていると思う。


 159 :名無しさん@お大事に:2010/07/17(土) 15:41:57 ID:wNvQdnb1
 手術中、上の方にある光に向かって昇る途中
 足元の方から自分を呼ぶ?ような気がして
 下を[意識を]見ようとした瞬間、目が覚めた。
 腹開いて先生が手に腸を持ってるのが見えたが
 痛みはもちろん無い。

 あのまま光の中に行けたら良かった・・・・・


 160 :名無しさん@お大事に:2010/07/17(土) 20:20:01 ID:TfKxOuJo
 行かなくてよかったんです!
 私も息子が死ぬほどの病気で入院していて
 1ヶ月余りの付き添いで何度も何度も自分の
 命をやりたいと思ったことか・・・昨日、退院できて
 帰る車のなかで「○○を連れて帰るよー退院できたよー」と大声で
 泣いた。どんな苦しみにもまけたらあかんよ!
 回復の兆しが見え出したころ、部屋が変わったけど
 そこにも、息子を思う母親がいた・・1ヶ月が来ようと
 しているのに回復の兆しも見えず必死でたえている
 母子が切なかったよ、こんなに若いのに死の淵を
 歩いている子らがいるかと思うと悲しかった・・・

 >>159さん!がんばって、がんばって!
 あなたのお母さんはあなたの命を見守って
 同じように苦しんでいるよ、家族のためにも
 弱気を出したらあかん、いっしょに乗り越えて
 くれるから、がんばってね!!


 161 :159:2010/07/17(土) 23:08:26 ID:wNvQdnb1
 >>160さんありがとう

 むやみに[あのまま光の中に行けたら良かった・・・・・]
 なんて思っちゃあだめですね。
 なんか>>160さんが点滴の交換に来た看護師さんと
 ダブってしまって、顔見たら泣いてしまった(笑)

 顔も知らんけど、俺退院してからの事考えてこれから
 生きてみようと思います。
 ほんとにありがとう ^^ノ


死ぬときの気持ちってどんなだろう
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/inpatient/1219819698/


タグ:2ch 入院生活
posted by 三葉虫是政 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。