2011年12月25日

もしキュゥべえがブラックITの営業だったら

プログラマー@2ch掲示板より。


 1 :仕様書無しさん:2011/05/14(土) 19:34:10.69
 ぼくと契約してデスマプロジェクトに入ってよ!


 2 :仕様書無しさん:2011/05/14(土) 19:38:16.07
 「まどかがPGになれば、マミよりずっと凄腕PGになれるよ」
 「もちろん、どんな案件で契約するかにもよるけれど」
 「まどかが産み出すかもしれない単価の大きさは、僕には測定しきれない。
 これだけの資質を持つ子と出会ったのは初めてだ」


 3 :uy:2011/05/15(日) 02:20:05.69
 若い奴を天才天才と持ち上げるソレは
 きゅうべえとかわらないね
 若くして歌の上手い子や、絵の上手い子は、天才とは呼ばれなくなっているのに、
 もう15とか18とか、けっこうな大人になってから
 ちょっと、独学でプログラミング覚えれた奴は、
 この世界ではすぐ天才扱いになる・・・不思議・・・・・・・ 本当にそれは、何基準の天才だい・・・・


 4 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 08:11:43.77
 「僕はプログラマになってくれって、きちんとお願いしたはずだよ?」
 「実際の状況がどういうものか、説明を省略したけれど」
 「訊かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、何の不都合もないからね」


 5 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 08:27:13.83

         |:::::::::::::::,l|::::::|  |:::| ヽ:::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| |:::::|  |:::| ヽ:| ヽ:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::l |`.|::::|、 |:::|  ;:|-‐ヽ:|'´ヽ ヽ::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::| |--|l、_`_ l:|  ヽ  ヽ,-r--ヽ| |::::::::::::l |::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::l  r'///l |     ´i r'///;l |:::::::::::/ |::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::l  弋_iリ       ヽヽ_.ノ l::::::::::::|/::::::::::::::::::,'
         |:::::::::::::::|                 |:::::::::::l::::::::::::::::::::l
         |::::::::::::::{ヽ、    '           ,|:::::::::::l:::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| `ヽ、    - 、     ,.,イ:::::::::::/::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::|   |:::::`ヽ、 _  _  '´  ,!::::::::::,r::::::::::::::::::::::::|
         .|::::::::::::::|   |:::::::::::< |_____,. ----/::::::::/ }::::::::::::::::::::::::::l
         |:::::::::::::|   |::::::::::} __][ ゙̄´   /::::::/  {:::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::::::|__,./-r'´ヽ  ||      /:::::/'´ /r---、::::::::::::|
 「プログラマには、あなたみたいな子が相応しいわ。美樹さやかでは務まらない」


 6 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 08:33:56.96
             /:::::::::::::::::∧:::::::::. 厶イ:_::ハ_:::\:::. ト、::::; ::::::::|==-、:::ハ
          /::::::::〃::::/:八`:::::::   |::´ ̄≦芋ミx:: 、 |::∨   ;::: |:=≧':::::‘,
            |::::::/:/:::〃笊::ト、:::::::  |:〈::. 〃 c ハ })::∨::::|   :: l:=≧、::: |
            |:::/:/::::::{{:廴ソ::::::\:  |:::::ー::ゞ-=彡::::〈 ::::::i    |:==-:'::: |
            |/ イ:::::/::::r-' ´ ̄ ̄\|、:::::::::::::::::::::::/ :::::::|    l.:-┐  |
           |::∨::::::::ヽ        ̄ ̄ ̄ ̄   ::::::|    /:::::}:|  |
           |::::l:::::::::::::}                 ::::/   /:::}//   .|:|
           |::::|::::::::::-::─-                 V  l; /::ノ::/   :i:|:
           |::∧:::::::::::\                  / /: ///   l:|ハ
           |::l::::\:::::::::::}               .イ /: /_/::;::::|  /八ト、
           |::|:::::::::\:::〈               .::/ /: /:::::/:イ::::| ;イ:|
           ト:|:::::::::::::::\;           .:::::/ イ:/::::::/:/l|:::/ 八|
             |::ト、::::::::::::::>──ァ-;     ̄///イ:::::/|/ |//
             |::|∧:::::::::::::Y:::::ハ:::|:〈       /′ 〈>-┐
             トΝ 、:::::::〈>'"´」::::\   -─‐  ̄-─ 7
                \::::::|〈::::フ 二二 -─   ̄   〈
                      \| ∨:ヽ{             \
 「だったらあんたがデバッグしてよ」
 「キュウべえから聞いたわよ。あんた誰よりも才能あるんでしょ?
 私みたいな苦労をしなくても簡単にバグをやっつけられるんでしょ?」


 7 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 08:44:46.19
              ,.           |ヽ  /l|
             / |  _,.. --'´ ̄ ̄ `ー-v'___,.||
         ||\  | ノ ´            \,||\
         ,.||-- Y´                 ヽ、ヽ、
        /  l /       l l、   ヽ  ヽ     r-=-
       ./  V       ./| | ヽ  .|、   ト    ヽ \
      /   |     i  ./ | /  ヽ  |_、  |ヽ    lヽ、|`ヾ、
      /,イ   |     | / ,.|/   ヽ |`ゝ-|-ヽゝ  | ヽ| .|
     / / ,i  ヽ    /l,./'´ l'    ヽ!  ヽ!  ヽ|ヽ |  | |
      / /|   、  | /l/         , ---、  | |ヽ|  |ヽ|
      | / |   ヽ ,r |/  ,.-‐-           | | |  |
      |/ |     { Y、 、、、     ,   、、、  | | ハ |
      |  |  ハ  /r,{ ヽ      __ ,    ,/l | ,.| V
        | / ,|/ v| |`゙ - 、__    _ ,.イ_  v V
        |/      V  r-、,r<|__ニ__====|-r--'´ ̄ヽ
 「全てのバグを、生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全てのバグを、この手で」
 「神様でも何でもいい」
 「今日までバグと戦ってきたみんなを、希望を信じたプログラマを、私は泣かせたくない。最後まで笑顔でいてほしい」
 「それを邪魔する業界のルールなんて、壊してみせる、変えてみせる」


 8 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 08:47:19.40
      イ  / / //         /    / /  \   :l       : . ;.   ヽ
      '│ /|/l//        /   /  /     ヽ . ;|       : : l      :.
        ∨   /       /  // /        ∨|       : : |,.、/⌒L」
          /l  :|  / . :/'⌒ヽ//      ___  |   │  : : |//////》
         《八 |  | : :/|/   '′    ´       厂 丶 l     |〉////《
       //⌒ヽ|  | :/ ′                / \  l   :.  |乂///リ
      / /| │ \ :|/   丶           ´ ̄_    ∨  .:| |  `¨八
     / /| | │  \ , === 、       ´ ̄厂)≧ 、 |  : :l l  //〉/⌒ /
   , // /  | |: .│  .:| | ヽ               |し///八 | .: :/ ハ / /  . : /
 /// /〉  | |: :│ : :| | ///            ∨`¨´リ  ノ ://  ノ /  . : : :/ :
 //  .:/ ⌒ヽ、 │ : : 乂       ,             ̄´ イ/ __/ / . : : : / : :
 / /      ` ̄´/  >、               //// / /  , -──- 、: / : : :
 l /             / .:/> .     ー─‐ '         / 〉/       \: : : :
 八              / .:/     > .          _, イ //          丶: :
 ノ \            | .::|   / 仄 `ヽ  - <厂二二二/
    \           | .::|  ノ /\\ \__ノ ノ     /
 「鹿目さん。それがどんなに恐ろしい願いかわかっているの?」
 「未来と過去と、全ての時間で、あなたは永遠にデバッグし続けることになるのよ」
 「そうなればきっと、あなたはあなたという個体を保てなくなる」
 「死ぬなんて生易しいものじゃない。未来永劫に終わりなく、バグを滅ぼす概念として、この宇宙に固定されてしまうわ」


 9 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 13:06:12.79
 「デバッグしないのかい?

 「私の戦場はここじゃない・・・


 10 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 13:18:34.95
 >>9
 逃げるな!w


 11 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 14:03:30.75
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「むしろ僕らは、人類が家畜を扱うよりも、ずっとPGたちに対して譲歩しているよ?」


 12 :仕様書無しさん:2011/05/15(日) 16:58:22.66
 >>11
 腐れ上司ェ


 14 :仕様書無しさん:2011/05/16(月) 07:55:35.94
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「勘違いしないで欲しいんだが、僕らは何も、プログラマに対して悪意を持っている訳じゃない」
 「全ては、この会社の寿命を伸ばすためなんだ」


 16 :仕様書無しさん:2011/05/17(火) 20:11:33.75
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「君たちはいつもそうだね。合意事項をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」
 「訳が分からないよ。どうしてPGはそんなに、仕様書の在処にこだわるんだい?」


 17 :仕様書無しさん:2011/05/17(火) 21:40:45.71
 //イ:::::::::::::_:_:::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::::::`ヽ///
 //:|::::::::::/::::::`ヽ:::::::/::::::/::::::::::/:ッァ:::;ノ'、:::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::\/
 //::!::::::/:::::::::::::::::::::,':::::/i:::::::::/:/.//   \:::ヽ:::::::::::::i::::::::::::::::::∨:::::::::::
 //∧:/:::::::::::::::::::::::;!:::/ .|::::::/:/ 〃      \::iヾ、:::::ト、::::::::::::::::∨;;;;:::::
 ////i::::::::::::::::;::::::/.l:/  !:::/:/  /         )'  'i/_∨::::::::::::::l;;;;;;;;;;
 ////!:::::::::::::::l::::;‐-ll、_ .Y'              /!⌒八:::ト、:::::::!;;;;;;;;;;
 ////!:::!:::::::::::!:;'  i _≧ェ、          , ッイ::j::l ,′;}ノ:∧::::i;;;;;;;;;;;
 ////W::!::::::::!! マ ̄ ア::心≧ェ、_   ゝ._:_.:)ノ八:::::ノ    |;;;;;;;;::}:/::::::::::::
 ///:::| Y::::::::l|.  ヽ. 弋:::::::ソ`ヽ ̄::'/:::'::::::^ヽ、__.:::::     l;;;;;;;/;;;;;;;;:::::::
 ///:∧.| \:::::!.       ̄...:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::      j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 /////少-、\!                、       /‐- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 /////////:三入           __    _, 、    /    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;
 ///////////ノ::::>._     ,/vー ̄ ̄、 ソ   .イ       i;;;;;;;;;;;;;;
 /////////∧ヽ::\i:::≧ェ.、 ヒゝ、:::::::::::::::ノノ ,.ィ::∧ヽ        |;;;;;;;;;;;;;;
 「どういうことだオイ…。このソース、コメントも無いじゃねぇかよ」


 21 :仕様書無しさん:2011/05/18(水) 12:40:24.83
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「君たちPGだって、いずれはキャリアアップして、僕たちの仲間入りをするだろう?」
 「その時になって、枯れ果てた会社を引き渡されても困るよね?」


 22 :仕様書無しさん:2011/05/18(水) 20:48:31.38
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「僕はPGになってくれって、きちんとお願いしたはずだよ?」
 「実際の姿がどういうものか、説明を省略したけれど」

 「訊かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、何の不都合もないからね」


 23 :仕様書無しさん:2011/05/19(木) 09:15:23.57
                   ,. - ―――― - 、
                ,. -'´            `ヽ
              , '´                 `ヽ
            , '                     ヽ
           /        _               ヽ
          /         / \          l  ヽ  ヽ
          |   ,   /  /       | i     |  l  |
          |  /  /  .|        |  |    l   |  |
          |,,,,/r=-<   |   ,   i  |  .|    lr',´ | |
          /,.. ィ'  `,,ヽ, |   |     .|  .| l   ,|/__ | |
         /r//  /  `ヽ、  | |  |ヽ .ト  .| |   レ,ヽ}| |
         /ィ/  /  ,. r-、}  | 、|、 | l .| ヽ | |   |_  | |
          {'    '´ ,ィ、 }  | .`-t--|‐'ヽ| |  ,|/// |
          ゙、      <-しヽ .|  V_,. ---っ |  r_,/ ,l,{
         .,r'ヽ     ゙、.`  ヾ}  ゛'   ;;'| .|  / /i /リ`
       ,/  ゙、     ゙、   '       ;;.| |  /r-'´ ̄`ヽ、
    ,r --'´   ,. -,>,     l _______,..    ,' |.i  |        ゙、
   ,/     / ,r/ `     ノ- '、ー―`', -, '´リ|  /l        ゙、
   | ヽ  ,. r'´  ヽ    ,/ ヽ  TiT'´  /__| / |         ヽ
   |  r/     ヽ  ,.イ, -―--=、,!!!r‐'´` ̄  ,/<|| /        `ヽ、
 「仁美に恭介を取られちゃうよ…。でも私、何も出来ない。だって私、もうプログラマなんだもん。
 底辺で家にもろくに帰れないもん。こんな仕事で抱き締めてなんて言えない。キスしてなんて言えないよ…」


 25 :仕様書無しさん:2011/05/20(金) 09:32:33.89
         |:::::::::::::::,l|::::::|  |:::| ヽ:::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| |:::::|  |:::| ヽ:| ヽ:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::l |`.|::::|、 |:::|  ;:|-‐ヽ:|'´ヽ ヽ::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::| |--|l、_`_ l:|  ヽ  ヽ,-r--ヽ| |::::::::::::l |::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::l  r'///l |     ´i r'///;l |:::::::::::/ |::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::l  弋_iリ       ヽヽ_.ノ l::::::::::::|/::::::::::::::::::,'
         |:::::::::::::::|                 |:::::::::::l::::::::::::::::::::l
         |::::::::::::::{ヽ、    '           ,|:::::::::::l:::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| `ヽ、    - 、     ,.,イ:::::::::::/::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::|   |:::::`ヽ、 _  _  '´  ,!::::::::::,r::::::::::::::::::::::::|
         .|::::::::::::::|   |:::::::::::< |_____,. ----/::::::::/ }::::::::::::::::::::::::::l
         |:::::::::::::|   |::::::::::} __][ ゙̄´   /::::::/  {:::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::::::|__,./-r'´ヽ  ||      /:::::/'´ /r---、::::::::::::|
 「プログラマとしては、致命的ね」
 「度を越した優しさはサビ残に繋がるし、蛮勇は徹夜になる」
 「そして、どんな献身にも見返りの残業代なんてない」
 「それをわきまえていなければ、プログラマは務まらない。だから巴マミも命を落とした」


 26 :仕様書無しさん:2011/05/20(金) 09:40:18.62
                                 /:::::::::/::::::::::::::::::/':_:/:|:.:.:. 〃 |:.:.:. |\:!\ヾ!ヽ
                                   /:::::::::/:::::::::::::::::./::|:/::::`|ヽ//  |:.:.:/|.:.:.ノヽ _ | '
                               /:::::::::/:::::::::::::::::::笏テ::rヾ|://  :|:./:U/ |.:.:.:.ト、!
                                   '::::::::::::!:::::::::::::::::/:.:込r少:.〈    / ‐/- ..j.._:/|:.:.|
                             i::::::::::::ィ::::::::::::::::.':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:ヽ     ィ=ミ、、|:./!.|:.:.|
                             i::::::::/r!::::::::::::::.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   :廴:.rバイ!.:.|:.:.|
                             i::::::::ゝj::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..: ,   `ー^  iリ :.从:|
                             |:::::::::/:::::::::::イ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/      ∧イ:.:.:|
                             |::::::/:::::::::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r _ァ        /:.:.:i|:.!:.|
                             |:::/:::::| ::::::::::|:.:i\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       人:::::i|.:!.:|
                             |/::::::::| ::::::::::|:::|:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:...{     .イ:::∧:::i|.:!.:|
                            ,/::::::::::| ::::::::::|:::|:.:.:.::.:.:.`:.:.:.:_.ノ_:.::.<:::::::::::!:/ }::::|:.!:.|
 「今までのウイルスと違って、コイツは他のファイルに偽装して身を守る必要なんてない。
 ただ一度具現しただけでも、何千人分という個人情報が犠牲になるわ」
 「佐倉杏子には無理でも、私なら一人でワルプルギスの夜を駆除できる。
 杏子の援護も、本当は必要なかったの。ただ彼女の顔を立ててあげただけ」


 27 :仕様書無しさん:2011/05/20(金) 09:43:52.23
            /::::::::::/::::/:::/::::::/;;;;!:::::|、::ト、::、::::::::::::::::l::::::::l:::::::::::::,
         / :::::::::/:::ィ:::/〃〃 ;;;;ヽ、|__||__l|__':_:::l::|:::::l::::::::l::::::::::::::,
          /::::::/::/:::/l:::| ノ! ||  ;;; Y| l| リ  !`ト:|:::::|:::::::::l::::::::::::::;
          ,'::::::/::/:::/,少'´リ .リ  ;;;  !| rリ___Vヾ:::::|::::::::::l::::::::::::::l
          |::::/::/:::/ リ -‐    ;;   ' /!ぅ!勿|||`!||:::|:::::::::::l::::::::::::::!
          |::/::イ::/ ,r=乞ll|「`  ,.:'::,   l:::ゞイlリ リ:::|::::l::::: |:::::::::::::|
          |/::/{:::{ 「::ゞィlリ  ,:'"  ヾ:.,,  ⌒〜⊃,:'|:::j::: |::::::ト、 ::::::::|
         〉:/ :l:::l! ⊂〜⌒ '゙ ..、  ヽ` :..:..:.. / j::/:::::|::::::| |::::::::::|
        ,::,'::::::l::|| :..:..:..:.          `:;    ;!.〃.|:::::|::::::|ノ :::::::::|
         l:{:::::::::ゞl、                /  .|:::::|::::::| ::::::::::::|
         |/ゝ:::::::::!         ==-      ,ノ   |:::::|::::::!::::::::::::::!
         ||  |:::::::::>..                 , '|:::::!::::,'::::::::::::::::',
         ||  l::::ト:::::::::::::::::.....              イ:::::/::/::::/:::::::::::::::::::::,
         ||  ゝ:| }:::::::::::::::::::::::::::::l 、 _   ´     |::::/::/|/:::::::::::::::::::::::::,
        リ  ヾ |:::::::::::::::::::::::::::::|_______,|;;/::/:::::::::::::::, -‐- 、::::::,
            ノ-‐-、:::::::::::::::/三三/∧ l..三三//ニニh;;;;/      \::,
          /    ヽ‐rl´三三三l |:::| |三ヲ//.-―{ l´           ヾ:,
 「どうして?…どうしてなの?何度やっても、アイツを駆除できないッ」
 「繰り返せば…それだけサーバメンテナンス時間が伸びる。私のやってきたこと、結局…」


 28 :仕様書無しさん:2011/05/20(金) 16:18:26.75
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「簡単に言うと、プロジェクトで得られる売上は、社員を育てる労力と釣り合わないってことさ」


 30 :仕様書無しさん:2011/05/20(金) 19:17:18.45
 | |     | .|  |/      / |   /   | /           ,-|-r T´  |   || |
 .! l     ! |  |.     ̄/ ̄/ ̄/ ̄ ̄T/           '´  |/  l .!  /   | |.!
 ヘ l     、 |  |   // ./  /   _,. /            _二_!___ | l ィ   / ,リ
 /,ヽi     V .|   /    .!  /ニ二__.             イ<//|ヽ|,' /.!  /
   lゝ 、    ゙、 |  ,/  ,.. -r=i/////l|`             rミゝ/リ  |/ /  / l\
  i ´ヽ    ヽ | /  /´´_,.)//ゝ__ノ/,|              |  o,/   /  / | l ヽ
 .,ヽ   ヽ    ヽl/    ヾ    ̄ ,/                ー´   / ,.'  //  ヽ
 ..\ __i、   ヽ      ゝー‐ '´                   /.イヽ / /   l }
 \ \  ` \   ヽ                       ハ\ヽ' ´ |  |/ /   //
  ヽ  ヾー-r、 `ヽ、 ヽ、 \\\\             ゝ       // /   /イヽ
    ヽ Y ´  `ヽ、   ̄                         / ´ ` ヽ、/,.< ,|i .!
 ―--、l  |     |`ヽ、           、____ _,       ,. '        \ .)/ !
     `ヽi,r―、_,r-|  ヽ ヽ、         ` ー― '´     , イ            \  .|
       \ \\\  \ヽ、ヽ 、            ,イ  l;;|       /      ヽノ
          ヽ ヽヽ ヽ   `ヽヽ、 `゙ -  _ ,.イ/./ |  |;;|      /        ヽ
          ヽ ヾヽ \    `゙ -`゙、ヽ-,.r'´/ / !   |;;|     V /         `ー
           ヽヽ ヽ、, r  ̄ ` ヽ、  i .| i   / ,. --、.|;;|     V
            ヽV ´        \ | | | ,ノ/     `ヽ、     |
 「無限ループになってしまったわ…円環の理に導かれて」


 31 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 09:46:00.18
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「プログラマとの契約を取り結ぶ、僕の役目はね。君たちの魂を抜き取って、社畜に変える事なのさ」


 32 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 10:44:10.76
            _,......::::::......._
          /::,.. -‐''ニニ_ヽ:`::..
         /::::l-::/´::::/l:::::::l::::`ヾ、:::..
       /:::::::::l:::/:::/:イ l ,:::::l ,:::l:::::::l:::::
       ,::::::|:::::|:/-/- 、 l ,:リ ,-l-;l::::l:::::.
       ! ::::|:::::| ィ≧t、  / ,..-ュ、l/l:::::l
       ! ::::|:::::| 込チ     込チ /.l::::::l
       l:::,-!::::l      `       !::::::|
        ,::l,.|::::|       _       l,::::::l
       }::: |::::ト、            _,.イ!:::::,
       ,:::::|::::|:::≧ュ、._   _,.,<:::::l|:::::|
        l::::::!::::l::::::::::l__二_!_:::::::::|::::リ
       ,::::::::l::::|:::::::l´ ̄||´ ̄ ̄!::::::,::::/
      ,::::::::::ト,:::.///,ー,//////// イ:/ー- 、
      /:::::::,.- l、:.///{/!//////{  l/    ヽ
     ,:::::::/  lヘ:l//ノ lヽ、////  /     `、
     /::::,/   ,ー//__/_!/l  ̄l; l,       ヽ
    /::<   / //´ ̄ l//l ̄ ´ {       ノ
    /::::::ヽ   { l/!   l/    、_    _/
 「その必要はないわ。貴方は、派遣PGのままでいればいい。今までどおり、これからも」


 33 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 11:15:05.90
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「例えば君は、社蓄に対して引け目を感じたりするかい?」

 「彼らがどういうプロセスで、作業員名簿に並ぶのか」


 36 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 13:41:07.77
 私・・・・プログラマにはなりたくない


 37 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 13:42:25.11
 プログラマがバグを生むというなら
 みんな死ぬしかないじゃない!
 あなたも、私も!


 38 :名無し:2011/05/21(土) 13:46:54.93
 まぎか☆デスマ


 40 :仕様書無しさん:2011/05/21(土) 17:57:53.89
       /:/  /: : : : ::::|:l: : ::::::::l: |   ヽ: i: : : : :::::i、: :i、:::::::::l: : : :::::::::i:::l:、:::::::::、ヽ::ヽ
      ./:/   l: : : :::::::::l:l: : :::::::ハ:.|     i:ト: : : :::::ハ: :| ヽ:::::l: : :::::::::::l: l:::ヽ::::::::i ヽ:::!
      l::/   .!: : : :::::::::|:ヽ: ::::::l |:.|     l:| l: : : :::l  |:!,.,イ::::l: : :::::::::::l/i:::::ヽ:::::::| ヽ:!
     .!:/   .|: : : ::::::::::ハ::i: : :::| l|      | l: : ::ノr'´|:,!  ヽ::l: : ::::::::::レ:|:i::::::|、:::::|  .!:|
     |:l    |:i: : ::::::::V .l::i、: ::| リ     七i:'´/  ,_|!,r―, V: ::::::/::/::l:::i::::::|ヽ:::|  l:|
     |l    .|::i: : :::::::T' 'TTヽTニー     イ/,r,i<!//i / l: ::::/:::/=ヽ::i::::::| |::|   |
     |    |i::iヽ: : :::::l t-|-r-==、       /  iイ、ソ |  /: :::/:,イヽ ! | :i: :| |::|
     |     |::i::| ゝ: : :ヽヽ  ri/Yi         ヽー ' /::::/ /ち//i: : :l: | |::|
          |:i ヽ |:\: :ヽ  弋ニソ        / / / /:, r '´ r''´ノ::l : : l: | |:l
          |:i  ヽ|: :{ ゝ、ヽ / / l  ,          '   ,ヘイ: : : : l: : : l:| |:l
          l::|   l: :.| ヽ                   /: : l:|: : : : i: l: : l:| |/
          l::!   !:::|   ヽ、      ___      ,. イiヽ : : l:l: : : ::l: :l: :X
          l:.!    !::|   i`ゝ、      `   ,. '´ |: : :l: :`: :l:i: : : :l: :l : : :ヽ
              .!:|    ヽ: : |` T ,.-,r-_'´_,.r-'ニニ}: l: : : : :l: : : : :l: :ヽ: : ヽ
               !|     ヽ:.|  |:.iヽ| ,r,. r:.'´:::::::::::,:::!-i__: : : :|: : : : |: : ヽ: : :ヽ

 「ナメんなよ。この仕事はね、誰にだって務まるもんじゃない」
 「毎日美味いもん食って、幸せ家族に囲まれて、そんな何不自由ない暮らしをしてる奴がさ、
  ただの気まぐれでプログラマになろうとするんなら、そんなのアタシが許さない。いの一番にぶっ潰してやるさ」


 41 :仕様書無しさん:2011/05/22(日) 10:52:15.25
 恭介の腱鞘炎を治して!


 42 :仕様書無しさん:2011/05/22(日) 12:26:00.37
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「美樹さやかの消耗が予想以上に早い。工数を無駄に使うだけでなく、
 彼女自身がバグを生み始めた」


 49 :仕様書無しさん:2011/05/22(日) 21:15:45.50
 君が言うように要件定義が書き換えられてしまったのだとすれば
 今の僕らにそれを確かめる手段なんて無いわけだし・・・。
 君だけがその仕様を持ち越しているのだとしても、
 それは君の頭の中にしかない脳内仕様と区別が付かない。


 50 :仕様書無しさん:2011/05/22(日) 22:14:58.73
 リアル・ショウさんはアニメなんか見ないだろうから自分が実は人気者になってるってこと知らないだろうけど
 もし知ったらどう思うんだろうか


 51 :仕様書無しさん:2011/05/22(日) 23:05:34.53
 「僕はプログラマになってくれって、きちんとお願いしたはずだよ?」
 「実際の姿がどういうものか、説明を省略したけれど」
 「訊かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、何の不都合もないからね」
 「事実、あのマミでさえ最後まで気づかなかった」


 53 :仕様書無しさん:2011/05/23(月) 00:02:21.51
 「長い目で見れば、これは君たちにとっても、得になる取引のはずだよ?」
 「僕たちはあくまで君たちの合意を前提に契約しているんだよ?」
 「それだけでも充分に良心的なはずなんだが」
 「騙すという行為自体、僕たちには理解できない」
 「認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね」

 そのまんま使えるのが・・・


 55 :仕様書無しさん:2011/05/23(月) 12:02:49.63
         |:::::::::::::::,l|::::::|  |:::| ヽ:::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| |:::::|  |:::| ヽ:| ヽ:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::l |`.|::::|、 |:::|  ;:|-‐ヽ:|'´ヽ ヽ::lヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::| |--|l、_`_ l:|  ヽ  ヽ,-r--ヽ| |::::::::::::l |::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::l  r'///l |     ´i r'///;l |:::::::::::/ |::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::l  弋_iリ       ヽヽ_.ノ l::::::::::::|/::::::::::::::::::,'
         |:::::::::::::::|                 |:::::::::::l::::::::::::::::::::l
         |::::::::::::::{ヽ、    '           ,|:::::::::::l:::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::| `ヽ、    - 、     ,.,イ:::::::::::/::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::|   |:::::`ヽ、 _  _  '´  ,!::::::::::,r::::::::::::::::::::::::|
         .|::::::::::::::|   |:::::::::::< |_____,. ----/::::::::/ }::::::::::::::::::::::::::l
         |:::::::::::::|   |::::::::::} __][ ゙̄´   /::::::/  {:::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::::::|__,./-r'´ヽ  ||      /:::::/'´ /r---、::::::::::::|
 「美樹さやかのことは諦めて」
 「一度プログラマになってしまったら、もう定時に帰れる望みなんてない」


 56 :仕様書無しさん:2011/05/23(月) 18:49:41.23
 「体が軽い…。こんな幸せな気持ちでコーディングなんて初めて」
 「もう何も怖くない」
 「私、一人ぼっちじゃないもの」

                           , <               \    /
                          /               、   \ /
                         /         /           \   y      仲
                     /         /、ヽ  ヽ     ヽ /  ふ
                       /  /     /  / / ヽ ',  ハ      ∨       間
                       ,'   ,  i  i| ィ' / ` ', 丈 _ }!      i     え
                 ,、     , {  i  |ィ匕´イ/    ', ! ヽ`大ー i   |        が
        f,`ヽ    / ',   j ハ  !  .! !| /レ       リ-マリ- ハ  |  ハ    る
        |i `ヽ`ヽ /   ',  , ハ|、 ',  Wル二'ー    ,. =="゙っリ / / |
 ´  ̄ `ヽ  .i|. . . ,. -、`ー― ヽ /'  !ト, ヽ 'ゎ" ̄゛         ハ/,//!   よ
      ヽ !//  ',     \ ', , ヽ 、 ヽ//// ,  ////  'y ´/‐人
       ∨ ./   ハ      ヽ ',  _\!`ー   _ -‐、  /_,.ィ―'´/\ !!
     ヤ  ∨      !    イハ  ',  }ゝ ' 、   ゝ   ノ   , イ し/ / \
  マ  ッ   ',     |    乂リ  ', ,ハ ` ー=≧=  ., ̄_,.  ´  」≧ヽ / / イ
  ミ  タ    ,ヽ   リ           ! } `   二 = _ クfニ' v=ニ三" ハ_ ∨ / (
  チ  .ネ    ト ヽ /     (__,ゝノ >―― --  _/r) ヽニr´_,.   ' `77ー-v
  ャ         | \'          / j` 二 r― ´ //,ィー-v‐r―‐-、  //    `ヽ
  ン         |    ヽ  _,. ´  く `ー/   , <. . ,-<ヽ´ヽ. . .`.ヽ/      ヽ
  !         !\   `  ' ,    _,>/ ∨ ヽ. . r'--  ` ` ヽ. . . f  /


 59 :仕様書無しさん:2011/05/23(月) 23:43:59.67
 あっはっは…ホントだ!
 その気になれば例外なんて、ウフフ…
 アハハ…完全に揉み消しちゃえるんだぁ…!


 60 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 00:19:56.20
 すべてのバグを消し去りたい!
 この宇宙の、過去と未来の全てのプログラムのバグを、この手で!


 61 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 00:40:15.54
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「PGの代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」
 「また採用する手間が勿体ないじゃないか」


 62 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 00:57:41.78
 >>59
 杏子 「まったく…見てられねぇっつうの。
    いいからもうすっこんでなよ。
    手本を見せてやるからさ…おい!」
 さやか「邪魔しないで、一人でやれるわ。」
 杏子 「アンタまさか…」
 さやか「あっはっは…ホントだ!
    その気になれば例外なんて、ウフフ…
    アハハ…完全に揉み消しちゃえるんだぁ…!」
 まどか「やめて…もう…やめて…」


 63 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 01:07:16.79
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「今のはマズかったよ、まどか」

 「コンパイルも通さずに、コードレビューに出すなんて、どうかしてるよ」


 64 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 07:50:48.43
 >>63
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「君たちPGが身体をコントロールできるのは、せいぜい3徹が限度だからね」

 「普段は当然線表通りに進んでいるはずだから、こういう事故は滅多にあることじゃないんだけど」


 65 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 21:02:37.79
         |\           /|
         |\\       //|
        :  ,> `´ ̄`´ <  ′
 .       V            V
 .       i{ ●      ● }i
        八    、_,_,     八
 .       / 个 . _  _ . 个 ',
    _/   il   ,'    '.  li  ',__
 「彼女たちを裏切ったのは僕たちではなく、寧ろ自分自身の設計だよ」
 「どんな要件も、それが条理にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みを生み出すことになる」
 「やがてそこからデスマが生じるのは当然の節理だ」
 「そんな当たり前の結末を裏切りだと言うなら、そもそも、システムの開発なんてすること自体が間違いなのさ」


 66 :仕様書無しさん:2011/05/24(火) 21:22:21.71
                    _....-─:..、
                .....-‐:::::::::::::::::::::∧
             /::::::::::::::::::: -───` 、
        , - ...,イ心:::::::, '"         丶
     ー=彡  〃γ个/      /     .:!   \
     /    {{ {{::::/       /    .:::|    ゙:、
 .  /         >‐/              .::::ハ  ヽ\、
 ─-ノ"/ / 〃 ノ:'        | ,|    .::::/  ∨   ! ',\
    /  /  {{彡'' |   |  |/|/|   /:::/ '"⌒|,ハ|i|
          / /|   |:  ィ"|⌒ //    __j  | | リ
    l // ,ィ  ! 〃|   |::  |  八 j´    行j下 |ノ/
    |// |/ | |八,〉   八::. |,ィf下`       V少 ノ/
    〃´ ̄ ̄ ̄\{(\   衣 ノ;少       ,,,,,  ト、
 .   }==     \\_\ \\`",,,,,     `   /j!ヽ
 .   〈二二フ ミ、 .::::::ヽ/\ \      --' /// }
    , -──- __>::::::ノ´{\}`⌒>- .. __/ニ"/ ,/─ 、
 .  }  ̄     \\::ノ  〉、 ̄¨¨ ''==ハ、─  /⌒ヽ !
   {二二ニュ. \\}   '  \____,人 \ ̄ ̄    ノ /
 「大変だよ。徹夜もするし、恋したり遊んだりしてる暇もなくなっちゃうよ」
 「いいものじゃないわよ。プログラマなんて」


 68 :仕様書無しさん:2011/05/25(水) 00:26:43.71
 >>63
                   /     /     /: : : : : : : : : : : : : : : : : 、
                /     /  ー‐=彡': : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
             /     /      ' : : ,: : : :// : : : : : : : : : : : : : :ヽ.__  _
 .            /     /  __,ノ : / : /: :/: : : :/ : : : : : : : : : /  }´
 _           /     /     ̄7/ : \;_;/| : : :/ : i : : : i: : :/   /ー‐ミ
 三二:=-  __  /     /       //i:,ィ坏、  | : :/ : : |: : : : : : }   / : : : : :
 三三二:ニニニニ/     /       ∠_:,ハr汐   | :/ハー‐- : :′/  ,ノ : : : : : :
 三二ニニニニニ/     /三≡=-_ ,r/ `/ じ′  j/,x=ミ: :ハ: :/: : {   } : : : : : : :
 :=r:==ニニニ/     /――――//⊂〈   ,       心V }/ : : ハ _,イ : : : : : : :いきなり秘密がばれちゃったね・・・
  i_,/ ̄ ̄ ̄ ヽー‐<ヽ____L{{、 Y込、     匕ソi} ノ: : :/>「 { : : : i: : : i プロジェクトのみんなには内緒だよ!
 r ´{            ヽ    <ー――>、 ー r<`ヽ`ヽー<ノ / ̄|\: : : : : :|
 У´ヽ、          i      `  、    ̄ ̄`ヽ/⌒ヽヽ ヽi     〉 |: : /|
 |ヽ   ー―――<   /|         \      ヽ  i i } |、_,/ : | : ,: :
 | {\             } |           }        {} 「| レ' ,ハ/ハ : : |: ハ:
 |、 丶 ー――― -  /,イ         /   ,ィ  ,.<i l | / ./ /   ハ : |/  }


 69 :仕様書無しさん:2011/05/25(水) 09:38:29.41
 京子「どういうことだオイ、こいつ死んでるじゃねえか・・・!」
 まどか「ねえ、どうしちゃったのさやかちゃん、ねえ、目を覚ましてよ!」
 QB「今のデスマーチのはまずかったよまどか。人間が不眠不休で残業できるのはせいぜい3週間程度だからね」
 まどか「なに言ってるのきゅうべえ、さやかちゃんを助けて!さやかちゃんを死なせないでよ!」
 QB「まどか、そこにいるのは派遣社員なんだ、労災が降りるのは元請の正社員だけなんだよ」
 京子「何・・だと・・?」
 QB「労組もうるさいし正社員にデスマーチを戦ってくれなんてとてもお願いできないよ、
    だから君達契約社員を雇っているんだ、契約社員はローコストで人員を確保するための
    外付けのハードウェアに過ぎない」
 QB「契約社員との契約を取り結ぶボクの役目はね、君達から人権を取り除いて
    安価な労働力に変えることなんだ!」
 京子「・・てめえ、ふざけんじゃねえ!それじゃ私達奴隷にされたようなもんじゃないか!!」
 QB「むしろ便利だろう?人員が過労で倒れても、ありったけの予算を引き抜かれても、
    君達の替えを用意すればプロジェクトはすぐまた動くようになる。弱点だらけの正社員を使うよりも
    よっぽど企業間競争では有利じゃないか!」
 まどか「ひどいよ、、そんなの、、あんまりだよ、、ウウッ、ウウウ」

 QB「君達はいつもそうだね、事実をありのままに伝えると決まって同じ反応をする。君達派遣労働者は
    どうして雇用のあり方に固執するんだい?わけがわからないよ」


 70 :仕様書無しさん:2011/05/25(水) 10:10:32.02
 杏子な


 71 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/05/25(水) 11:09:45.18
 アニメのより極悪だwwww


もしキュゥべえがブラックITの営業だったら
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/prog/1305369250/


posted by 三葉虫是政 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。