2012年03月03日

油絵総合スレッド

芸術デザイン@2ch掲示板より。


 58 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/01/27(金) 13:48:52.29
 ジンクホワイトは乾燥後、ヒビ割れ、剥離を起こします。
 シルバーホワイトを基本的に使い、部分的にチタニウムホワイトを使用します。
 カドミウム系の絵の具とは混色を避けた方が良いでしょう。


 99 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/16(木) 11:36:14.29
 絵肌はオイルでだいぶ変わるね。
 いわゆる「古典画法」でよく使用されるヴェネチアンテレピン&ダンマルを試しに使ってみた。
 たしかに艶は出るけど、乾きに時間かかりすぎ


 101 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 14:44:06.75
 >>99
 乾燥の経過kwsk

 折れはリンシードメイン
 テッカテカで抜群の発色
 ポピーより滑らかに練れる希瓦斯
 コーパル導入検討中


 102 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 17:11:14.26
 >>101
 表面乾燥という点では冬場は三週間以上かかる。暖房ガンガンで作業しててそんな感じ。
 もちろん薄塗りのグレーズ層だともっと早いかな。
 オイル独特の透明性があるから重色で深みが出るよ


 103 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 17:43:27.45
 >>102
 thanx?
 徹頭徹尾ハッチング&グレーズ?
 自分で使ってみるのが一番だが、厚塗りには有効じゃない印象。
 リンシードでトロトロにしても、多少は厚塗りしていけるから、それとの差異とかは?


 104 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 18:41:09.94
 リンシード&スタンドリンシードも以前はよく使っていたよ。
 それに比べるとグレーズに向いたオイルだと思う。
 経過年数を置けば違いがわかるとホルベインからアドバイスもらったので、ここ一年ほど使用。
 一年前の作品でも艶引けもあまり起こしてないし。
 ただ難点は急激に乾かすと表面がセロハン状になるのでゴミが付きやすいことです


 105 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 18:47:03.82
 あと厚塗りは自分的にはあまりやらないです。第一層は比較的厚めだけど、
 盛るような塗り方ではないです。
 リンシード系を使っていた時も筆跡残さないように描いてたので


 106 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/17(金) 19:44:23.85
 詳細ありがとう、凄く参考になったよ。
 乾燥には気長な方だし、今度使ってみる。


 107 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/21(火) 13:55:34.62
 バルールに最低も最高もねーよw
 合ってるか狂ってるかがあるだけだ
 表現法なんかどうでもいいから合うまで描き直しなはれ

 乾燥に三週間は作業効率悪すぎ
 サンシックドとパンドルでよろし
 つーか、あんまりリンシードを大量に使うと淡色の黄変が目立つぞ
 陽さらしして戻せるのは戻せるが、日にちかかるしめんどいよ


 108 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/22(水) 10:46:56.80
 みんな乾燥の問題いろいろ考えてそう。まぁ作業効率考えて、平行制作が基本だろうが


 109 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/22(水) 14:10:40.73
 >>107
 油絵詳しそう。地塗り剤でオススメは?
 ファンデーション白で当方やってまして


 110 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/22(水) 19:04:16.15
 >>109
 それはどういう目的で地塗りするのかによるな
 ローからキャンバスをつくると言うならまた話がちがうんだが、市販のキャンバスへ地塗りらしいことを
 してるのは有色地から描き始めたいからなので、個人的に白は最初から問題外
 それも昔は教えられた通りまじめにやってたが、だんだんめんどくさくなってきて最近はアクリル共用の
 キャンバスへ顔料+アクリルメディウム+ライトモデリングペーストで手抜き製作してる
 アクリル共用のほうが量産されててキャンバス安いし、パネルは重いから絶対イヤだしw
 古典によくわからないこだわりある人は裏返しに張って最初から下地塗ればいいんで、共用は渉るぞ

 地塗り剤としてならアクリル系は優秀なんだが、市販のジェッソなんかは多様な用途へ対応しようとする
 あまり、油彩の下地材としてはメディウムの割合が多すぎるのな
 油彩の下地として使う場合あそこまでの柔軟性や接着力は必要ない
 逆に上層の油彩の定着を考えると多少の吸収性があるほうが望ましいので、ジェッソとか使う場合は
 自分で炭酸カルシウムなり胡粉なり白土なり加えてお好きに調整してやるといいよ
 描きだしの油絵の具の乾燥速度も吸収性があると若干あがる
 ただし拭き消しにくくなるので修正が多い人にはやや使いづらいかもしれん


 111 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/22(水) 19:19:05.64
 あと、下地用の白系やオーカー系やアンバー系の顔料は、日本画専門店へ行ったほうが安く買える
 下塗りがわりに和紙を貼っちゃうって人もたまにいるし(顔料より吸収がいいので乾燥が早いらしい)、
 油彩用に転用してもなかなか使えるものがけっこうあるんで、いろいろ工夫したい人はたまにぶらぶらして
 みるといいとオモ

 参考豆知識的にはこんな感じか


 112 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/22(水) 19:58:44.39
 詳しくありがとうございますm(__)m 勧められて半吸収地のものをこれから使用したいのですが実際、どんなものですか?


 113 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/23(木) 20:40:57.12
 吸収性、と言うところで分類すると三種類あるが、単独で説明しても性質はわかりづらいかな
 それぞれの特徴はこういう感じ
 ↓

 ■吸収性キャンバス
 伝統的な吸水性下地は膠や卵白といった水性媒材で顔料を溶いたものなので、乾燥後の柔軟性に乏しく
 キャンバスに使った場合、巻くと割れやすい
 最近は合成樹脂を添加して巻ける製品も売られているが、その都度枠に麻生地を貼って自分で塗布するほうが
 状態よく管理しやすい
 簡易につくりたければ膠ひきの後ガッシュやポスターカラーやチューブの胡粉などを塗布したのでもできるため
 自作は一番簡単にできるが、油を吸収すると透明度が増すのでチタンなど不透明度の高い顔料を選ぶか加えた
 ほうがよいと思う
 油彩使用の場合、上層の油を下地内部へ吸収するため、描画後は割れにくくなる
 水彩、テンペラ、油彩と、多種の絵の具に使用できるのが吸水性キャンバスの特徴
 水彩で描き始めて油彩で仕上げると言うような変則的な描き方もできる
 油彩用に使った場合、上部の絵の具を吸収して一体化するため定着がよく乾燥が早い
 ただし、塗りが薄い絵の場合マットに仕上がるので、つやを出したい場合は一度ワニスをひくなどの処置がいる
 拭いても色が残るため描きだしのふき取り修正はできない


 114 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/23(木) 21:06:52.71
 ■半吸収性キャンバス
 単純に言って、ニスを加えないシンプルな混合テンペラを下地へ塗布したものだと思えばいい
 テンペラと同じく処方は多種あり、ヨーロッパ各地でそれぞれ伝統的なご当地処方があるので、興味があれば
 技法書をいろいろ見てみるといい
 例えば、ドイツで学んだ人と、イタリアで学んだ人でけっこう言ってることが違ってたりもするが、それは地域差で
 どちらが正しいと言うものではない
 一般的に使われているのは膠を使う処方
 自作する場合、油彩使用だと耐水性はあまり関係ないのでわざわざ高い兎膠を買わなくても三千本膠でいい
 加える乾性油の配合量によって吸収性、非吸収性のどちらへも近づくので性質は半吸収性だからこうとは
 一概に言えない
 ぜんぶ試してるわけではもちろんないが、市販品は長期巻いて保管することを意識してか、非吸収性よりに
 調整されてるような
 乾性油の割合が少なければ非吸収性キャンバスのように水性絵の具に使うこともできる


 115 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/23(木) 21:23:37.31
 ■非吸収性キャンバス
 膠ひきの後、油絵の具のシルバーホワイトを塗ったものだと思えばいい
 これは油性の絵の具にしか使えないが、描き始めに失敗しても完全に拭き消すことができる
 たぶんこの特徴のためしぶとい支持者がいて、異様にお高い油性輸入キャンバスも売れるのだが、
 そこまでして使う必要が普遍的にあるのかと言うと別にないと思うので、無理に買わなくてもいいと思う
 膠引きされたローキャンバスを買ってきて若干油抜きしたシルバーホワイト系のファンデーション絵の具を
 塗れば良質に自作もできる
 市販のアクリル共用キャンバスも非吸収性キャンバスに調整されているが、あれはアクリル樹脂の分量を
 減らした下地材を塗布すれば半吸収性キャンバス化する


 116 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/23(木) 21:52:31.35
 これに関連して、いまちょっと思い出したこともついでに

 最初の膠ひきの際、膠の代わりにアクリルメディウムを使うことを勧めている本がいまだにけっこうある
 メーカーのアクリル絵の具の解説にも書いてたりするのだが、あれはどういうつもりなのか非常に不可解
 ほんとにやったことがあって書いてるのかたいへんに疑問
 膠は単に油の遮断層をつくるだけでなく、布目を埋めて下地絵の具の裏抜けを止める役割があるので、
 アクリルメディウムではまったく膠の代用にならない
 膠のように温度で半ゼリー状になり表面に塗り拡げられるが布に染み込まない状態にならず、強い浸透力を
 持ったアクリルメディウムは染み込んでしまい表面に膜がつくれないどころか、布目の穴埋めの役目をぜんぜん
 果たさず裏抜けし放題のため木枠と布を接着してしまったりして最悪の状態になる
 粘度の高いジェルを手早く塗れば不可能とは言えないが、非常にやりづらく、ものすごくコストパフォーマンスが悪い
 パネルなどに直接貼りこむ場合には使えるのだが、どうもアクリル樹脂は木の色(アク?)をブリードする
 性質があるようで、そっちはそっちで長時間立つと微妙に白に木目が染まってくる場合がある

 みんな騙されて無駄な時間をすごさないようにw
 あれは普通に膠でやったほうがいいです


 117 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/24(金) 17:54:03.13
 詳しい解説ありがとう。半吸収地のエマルションについての説明もあると助かります


 118 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/24(金) 17:55:56.16
 絵の具を手練りしている奴いる?


 119 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/26(日) 23:17:55.24
 >>117
 配合比を知りたいのかな?
 貧乏なときはついやってしまいがちだけど、自分でつくるとめんどくさいよ・・・
 塗るまでのキャンバスの下処理もあるし
 分量比は膠を使った処方でちょうど半吸収の名の通り中間くらいにするとして

 顔料10+膠水5(膠1:水10程度で溶解したもの)+乾性油3(+乾燥剤若干)+水5

 くらいの目安で考えればいい

 吸収性を強くしたければ乾性油をもっと減らしてもいいし、油の分量が増えるほど非吸収性に近づいて
 いくものの粘度があがって練り合わせるのが難しくなる
 最初に少量の膠で硬めによく練ったものを残りの膠で薄め、それをかき混ぜながら少しずつ
 乾性油を加えていく、最後に自分で塗りやすい粘度に水で調整する
 気温の低い冬は作業中に膠が固まりやすいので最後に薄めるときに水ではなくお湯を加えるといい
 表面が乾いたら立てかけて一か月くらい寝かしてから使う

 顔料は、白地なら炭酸カルシウムや胡粉にチタニウムホワイトを好みの分量で加えたものでいいと思う
 粒子の細かいアルミ粉などの金属粉を微量加えると割れ防止の効果がある
 乾性油はリンシード、スタンドオイル、サンシックドリンシードなどを好みで混合してかまわない


 120 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/27(月) 13:40:42.12
 本当にありがとうございましたm(__)m配合の方、参考にさせていただきます。すごく勉強されていますね


 121 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/27(月) 23:52:46.01
 船岡とかキャンバス見本で麻袋みたいに目のあらい布は
 明らかに目止めが木工ボンドみたいだけど・・・
 塩化ビニールか、まぁアクリルエマルとは違うけど。
 自分でやると膠はカビが生えやすいですけど、、、
 本で?小学生が使う糊でも膠の代わりをはたす
 読んだ記憶もあるですけど、、、上から水彩とか
 アクリルとか使うと、目止めがとれちゃうな

 俺昔ホルのモデリングぺーを塗って油したことあるけど
 すごく描いてて気持ち良かった。

 めんどくさいことやらないで、布にクサカベの油に向いたジェッソを
 水で溶いて下地して描けばいいじゃん!!普通のアクリルジェッソより
 描きやすいよ!!!!!!!


 122 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 08:19:00.14
 絵じゃないんだけど模型に油絵具使ってるんだけど
 今までホルベイン使って来てランクアップしようと
 シュミンケのムッシーニを買った
 でも正直ホルベインと使いごこちに全く差を感じないんだよね
 特に伸びがいいとかも感じないし
 むしろ使い慣れた色じゃない分使いにくいだけみたいな

 一体ムッシーニって何がいいんだろ
 高いだけかな
 これならホルベインでよかった・・・・


 123 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 08:19:55.38
 違いと言えば臭いは全然違う


 124 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 14:11:13.41
 アクリルジェッソやモデペは裏キャン再利用やパネルには向いてるんだよね。
 添加用の防腐防カビ剤の存在も知らないらしいのはよくわかったが、
 一からキャンバスつくるなんてビンボな学生の時か趣味の古典やってる人くらいしかしねーよ。
 経験的な加減が要求されるところが多いから、大学なんかで慣れてる人に教えられながら
 やんないとインスタントにできるようにはなんないし。

 シュミンケは根強い支持者がいるが、支持者のオルグポイントは聞いてもよくわからん。
 近所の創価学会のおばはんの話がよくわからんのと似てる。
 ニュートン、ルフラン、マツダ、ホルベインの混成。
 どこ使うかは色や絵具の質の好みと価格と使い方で決めてる。油はメーカー混成派のほうが多くね?
 メーカーによって色味や発色や伸びがかなり違う色もあることはあるが、
 そういう違いが必要な使い方してなければどこの使ってもあんまり変わらんがな。
 韓国激安メーカーとかはさすがにおすすめしないが。


 125 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 17:50:30.75
 アクリルジェッソは油の下地で大丈夫といってるが
 描きずらい。やっぱクサカベの油に向いたジェッソす。


 126 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 19:21:21.76
 >>124
 ニュートン、ルフラン、マツダ、ホルベインの混成

 その辺りでまとめている人が多いね。俺もそう
 ホルベインはヴェルネオンリー
 10年位前、ニュートン製品の一部が超・粗悪化して泥系顔料の選択に随分困ったがヴェルネで解決
 油一中心でいきたいが、ちと高い


 127 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 22:32:41.53
 油一なんてアホ芸の自己満が作った糞油よ。緩いだけで発色もいうほどだし…何よりコストパ考えて誰使用よ?って感じだろ


 128 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/02/29(水) 23:33:53.29
 油一はネーミングとパッケージがもう芸大のダサセンス全開で、見た瞬間に学生時代の
 忌まわしい思い出が走馬灯のように蘇ってきたわ
 おめーらあいかわらずの体質だな・・・、と思って売り出されたときにワラタぞ
 基本的にあのセンスに汚染されてる卒業生向けの製品と思うw

 てーか、あれ、フツーに油絵の具使ってる人間には使いづらい絵具になってるだけで、実用性ゼロやw
 芸大的趣味の油絵具で、いらんw
 ホルベインも、せっかく隔離してんのにあいつら研究室から出すんじゃねーよ、って感じ


 129 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 00:05:17.97
 あんなアナクロいもんつくるよりも、新顔料やらアルキドやら積極的に取り込んだ
 進化型ジャパンオリジナル油絵具つくるのに集中しろ、ホルベイン
 そっちのほうが建設的だ

 だいたい、古典に忠実ですから安心です、とか言ったって、そりゃ西欧の寒冷低湿な気候風土のもとで
 安心だったってだけで日本へそのままもってきてどの程度安心かは、保障できてねーじゃんよ
 と、古典信奉者に真っ向から不信感バリバリのわたし・・・


 130 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 00:19:19.80
 貧乏人と学生時代のトラウマを連呼するヘタレが喚くオモロスレがあると聞いて


 131 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 00:47:30.09
 と、悔しサゲでこそこそ煽る駄ヘタレが登場しますた><


 132 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 01:12:41.71
 そもそも日本で油使ってる時点でバカ


 133 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 01:25:43.91
 小品の作品が売れる人ならともかく(殆どいない)
 100号とか130号とか油一で描けますか・・


 134 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 01:56:02.51
 うーん・・・
 年金生活の趣味の油絵描いてるおじいちゃんおばあちゃんとかなら真に受けてやってるんじゃ?
 たまに登山とか行くと初心者な老人団体が異様に高額なグッズを無意味にそろえてたりするけど、
 そういうノリで200号でも油一でやってそう。ヒマも大量にあるし。


 135 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 02:30:42.14
 そもそも「油絵」ってもんを御大層に洋画とか言ってありがたがってるのがメタ的にあるんじゃね?
 今、この時代に油絵やってますっていうのはハコニワの世界でやってる描き手が自覚しなきゃ。
 画材も技法も借り物に過ぎないんだから


 136 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 02:39:36.69
 いい絵の具使おうが、どんだけ技法にこだわろうが根本何を描きたいの?お前ら?
 油絵が手段っていうより目的化してるようにしか見えん


 137 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 10:54:25.94
 そりゃ、70年代のメディア先行論だなw
 おまえの話、30年くらい前に終わって結論でてるがな


 138 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 11:16:48.81
 だからこそ油使うんなら技法かコンセプトの裏付けがないと
 惰性でやってるだけならただのバカ。
 根本から考え直した方が良い。


 139 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 11:47:16.50
 まぁ見渡しても、技法もコンセプトも中途半端なものしか実際ないしな。
 今の画家は何も残らない絵しか描いてないよ


 140 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 14:26:20.01
 かと言って、たとえばアクリル廚に技法やコンセプトの裏付けあるかって言うと、さらになんにもないぞw
 おまえ、自分のスタンスの位置づけがあやふやなのが論客として致命的に問題だな

 求める発色とマチエールの実現に最適であるからでも、あるいは利便的に使いやすいからでも、
 マテリアルの選択理由としては必要十分なんだよ
 美術表現において問題になるのははあくまでも最終的につくられたものの視覚的価値にあるので、
 技法やコンセプトにそこまで特権的な価値を与えるのは初手から大勘違い
 いかに技法やコンセプトがあっても最終的に現れた結果がクソならやっぱりクソの作品なんよw

 もういいから、まず、大学行って現在形のメディア論でも受講して基礎学習してきなw
 でないと、数十年前からタイムスリップしてきたような人にいちから解説して話進めるの、めんどくさすぎるわw


 141 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 18:51:46.86
 >>140
 アクリルもあってしかるべきじゃね
 発色とマチエールは>>138が書いてる技法的な理由だろ
 何オウム返しに同じ事言ってんだ?
 日本語も読めないとは


 142 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 20:15:08.99
 >>140
 で、どんな絵を描いてるんだ?煽りじゃなくて。
 描いてる作品が説得力を持つ人の様な気がするから。


 143 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 20:22:35.86
 >>138はたしかに『技法かコンセプト』と書いてるね。
 『技法とコンセプト』ではなく。


 144 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 23:26:05.91
 なんか知らないけど以前からデザやヲタ絵の連中は油にコンプレックス激しいよな。
 もともと根本が違うんだからわかんないことへ無理に首つっこむ必要ないのに。


 145 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/01(木) 23:35:44.72
 オタ絵っぽい美術とか、デザインっぽい美術は当然ある
 当然油も、
 油が日本では最も伝統からも時代性からも乖離してるメディウムだから突っ込まれてるだけだろ。


 146 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 07:18:42.49
 >>129
 ホルベインは、蛍光とかアンティックとかのキワモノでも安定感あります


 147 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 11:15:09.01
 ホルベインで奨学金貰った人は、リキとかのコンテスト
 出せないから、出したら落とされるから


 148 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 16:37:28.03
 マジすか
 メーカー間でブラックリストまわってんの?


 149 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 18:59:24.58
 落とされるかどうかはシランが、ホルベインの奨学金は名前が公表される。


 150 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 19:03:34.90
 だからリキとか棚ーに2回ぐらいだして、
 最後にホル部イン。


 151 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2012/03/02(金) 23:08:09.43
 でもホルのスカラシップからは、そこそこ名の知れた人がけっこう出てるよね?
 落とされるって言うより、多重受賞のコンテスト荒しを警戒してんじゃね


油絵総合スレッド
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/art/1325770856/


posted by 三葉虫是政 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。