2012年08月15日

「実はこれって違法なんだぜ!」っての教えて

法学(仮)@2ch掲示板より。


 1 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 20:36:36.17 ID:F3Caa84J
 出来れば○○法、第○○条、○○項ってのも
 別にいらないけど・・・・


 2 :法の下の名無し:2012/04/24(火) 20:44:24.15 ID:lISVKkK2
 >>1
 お前の存在自体が構成要件に該当している


 3 :法の下の名無し:2012/04/26(木) 18:00:00.76 ID:RsvfgBQT
 >>2
 ひどいwwwwwwww


 6 :法の下の名無し:2012/05/06(日) 10:47:09.11 ID:673i3f+0
 よく業者とかが会社の封筒に領収書とか入れて手渡しするけど、
 その封筒に後納郵便の表示がある場合は消印しないと郵便法違反になる。


 9 :法の下の名無し:2012/05/13(日) 05:39:33.36 ID:5xOjqzzO
 野宿


 15 :法の下の名無し:2012/05/27(日) 09:14:14.26 ID:zawZTBfl
 最近、公園での野宿は違法だっていうのをよく聞きます。
 公園は宿泊施設じゃないからダメだとか、条例で「管理に支障をきたす怖れがある」から禁止とか…。
 でも誰もいない公園でこっそりやる分には構わないと思うんです。
 そもそも公園ってオープンスペースじゃないんでしょうか?
 そして野宿は人類が古来から旅する際に日常的に行ってきた文化ですから合法だと思います。

 違法じゃなければやっても問題ないと思うんですが、そこのところはどうなんでしょうか?
 今回は都市公園に限定して教えてもらいたいです。

 何卒よろしくお願いします。


 16 :法の下の名無し:2012/05/30(水) 17:50:44.73 ID:fs8iOTXi
 極論ですいません。
 おかしいと思う論点を殺人に当てはめてみました。

 >でも誰もいない公園でこっそりやる分には構わないと思うんです。

 戸籍に載っていない人間をこっそり殺すのは違法ではないと思うんですか?

 >そもそも公園ってオープンスペースじゃないんでしょうか?
 >そして野宿は人類が古来から旅する際に日常的に行ってきた文化ですから合法だと思います。

 同一種族で他の個体を殺しあうっていうのは、よく見られますし、
 文明が生まれたあとの人類も殺人を合法としてきましたので、殺人は違法ではないと言えますか?



 17 :法の下の名無し:2012/06/02(土) 01:27:01.67 ID:4FZVacg/
 >>16

 そもそも、管理に支障をきたすとか、景観を悪くするとかっていうのは、エゴだと思います。
 野宿したい人だっているんです。そういう人の意思は尊重されるべきです。
 たとえ管理に支障をきたすとか、景観が悪くなったり、多少ニオイがしたとしても、
 それは我慢すればいいことじゃないですか。
 誰もいない公園ならなおさらです。
 公園はみんなのものです。
 野宿したい人がいればその人に優先して使用させることも、権利だと思います。
 だいたい、誰もいない公園ならむしろ誰かが使わないともったいないと思います。
 そして、野宿は日本文化です。古典に学ぶべきです。
 公園のようなオープンスペースなら何をやってもいいと思います。
 そうですよね?
 なので、違法ではないということで納得したいと考えました。


 18 :法の下の名無し:2012/06/02(土) 08:00:07.61 ID:hfkynD0s
 深夜の誰もいない公園なら、酔っ払って全裸になって「裸で何が悪い」と叫んでてもいいんですよね、わかります。


 19 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2012/06/02(土) 11:56:50.43 ID:kUTSW7AQ
 人のクレカを借りて使う
 もちろんその人の承諾ありで
 詐欺罪


 20 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 15:46:12.03 ID:INLb5tgQ
 文化だから合法ってのはおかしいとして…
 そもそも野宿ってどの法律で違法なの?
 管理者の意思に反してるってこと?


 21 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 18:00:26.62 ID:VMNuIyhG
 許可のない場所なら不法占用、不法侵入にあてはめれるな


 22 :法の下の名無し:2012/06/03(日) 19:47:51.34 ID:vegwaf4y
 著作物のダウンロードは現状でも「原則」違法(刑事・民事共に)。
 ただ、原則に対する「例外」がわりとある。


 25 :法の下の名無し:2012/07/01(日) 04:44:03.59 ID:CtgT7UOk
 女児が女児を手篭めにしたら犯罪ですか?


 26 :梅風味みりん:2012/07/01(日) 19:00:01.24 ID:J5aFbmQ/
 >>25
 はい


 27 :法の下の名無し:2012/07/01(日) 19:25:32.04 ID:CtgT7UOk
 レス有難うございます
 ちなみにどのような犯罪として扱われますか?


 29 :梅風味みりん:2012/07/04(水) 01:36:36.97 ID:6xNVLvDs
 >>26
 てごめが何を意味するかにもよりますが、親告罪としての略取をベースに考えます。


 30 :法の下の名無し:2012/07/04(水) 04:26:58.82 ID:VdHiK+wk
 レス有難うございました


 31 :法の下の名無し:2012/07/04(水) 04:41:21.83 ID:VdHiK+wk
 >>29

 被害者の女児(甲)は他者との性的接触の稀な処女だったが、加害者の女児(乙)が甲に執着し、
 監視の目が緩んだ夏の林間キャンプにおいて、夜間、二人だけでバンガロー内に留まった
 室内で乙は、遊戯と称して甲の同意のもとで甲の手首を拘束したうえで、甲を乙の支配下に置くことを
 宣言して、怯える甲の衣服を強いて取り去り、主に舌および手指を用いて甲の全身を愛撫し、
 甲の局所に対して甚だしく刺激を加え、受傷させた
 甲はその後約半年にわたって乙を威服し続けた

 といったところです


 32 :梅風味みりん:2012/07/04(水) 23:32:18.74 ID:6xNVLvDs
 >>31
 基本的に、今の刑法解釈は実質的な法益が損なわれることから始まります。
 このため、この件の場合、女児のどんな法益が損なわれたかを考えればいいのです。
 基本となるのは、人身の自由が損なわれたことです。
 これは、女児の服が取り上げられ、自由に外に出られなかったことから想像に難くなく、
 事実として証明できるからです。
 女児の身体の傷は、女児が診察を拒み、そのような事実がなかったと言えば診断書も書かれず、
 身体の健康、心身の健康を損ねたと立証できなくなるため、事件の主軸にはしにくいと考えます。


 33 :法の下の名無し:2012/07/05(木) 09:06:26.48 ID:1JYTKvOa
 強制わいせつ致傷と監禁が牽連関係にたつので科刑上一罪となり、
 行為者が14歳以上であることを前提に、
 強制わいせつ致傷罪の範囲(無期又は3年以上の懲役)で処断される。


 34 :法の下の名無し:2012/07/05(木) 12:27:56.84 ID:eWCXVMDk
 レス有難うございました


 35 :法の下の名無し:2012/07/05(木) 12:30:12.33 ID:eWCXVMDk
 行為者は当時11歳でした (甲乙とも)


 36 :法の下の名無し:2012/07/05(木) 18:05:32.16 ID:1JYTKvOa
 11歳なら刑法41条により犯罪が成立しない。


 37 :法の下の名無し:2012/07/07(土) 00:54:21.94 ID:Jg3s5O1q
 レス有難うございました
 犯罪が成立しないというのは承服しがたいものがありますが、とにかく


 38 :梅風味みりん:2012/07/07(土) 01:55:12.82 ID:zb7VTljM
 >>37
 責任性が争点になると言う落ちか


 39 :法の下の名無し:2012/07/08(日) 21:15:07.02 ID:CivIXbQq
 刑法41条は改正したほうがよい
 昔とは児童教育の質も児童を取り巻く環境も大きく変化していて
 児童の精神が様変わりしているのだから


 41 :法の下の名無し:2012/07/09(月) 13:59:00.58 ID:h2cQvD94
 >>39
 最近の児童は精神的に成熟せず、責任能力がなくなってきているから、
 12歳未満に引き下げるべきだよね。


 42 :法の下の名無し:2012/07/09(月) 13:59:39.15 ID:h2cQvD94
 ごめん。間違えた。その論理でいけば、むしろ18歳以下に引き上げねばならなかったwww


 47 :法の下の名無し:2012/07/21(土) 11:58:24.88 ID:0khAj1xz
 並んでいる列に割り込み
 軽犯罪


「実はこれって違法なんだぜ!」っての教えて
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1335267396/
タグ:2ch 法学
posted by 三葉虫是政 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307820119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。