2004年09月08日

リンゴ台風再び

 弘前市や周辺市町村のリンゴ園地では
 午前四時すぎからの強風で、落果や倒木の被害が出た。
 弘前市りんご農産課と弘前地域農業改良普及センター、
 つがる弘前農協、津軽石川農協などは
 同日午前十時から、被害状況の調査を始めた。
 県りんご協会も同日午前から、職員八人が巡回調査のため各地に散らばった。

 つがる弘前農協りんご課は
 「アップルロード沿いや、弘前市の南部、東部、岩木町など、
 場所によって多い所では三割から五割ほど落果したようだ」、
 津軽石川農協は「全般に二−三割落果したようだ」と話していた。

リンゴに倒木や落果の被害(東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2004/0908/nto0908_26.asp

1991年9月、台風19号は九州、中国地方を縦断後、
日本海を抜けて東北、北海道へ再上陸。
青森では収穫直前のリンゴが大量に落果する被害を受けた。

今回の台風18号によるリンゴの落果被害を想定して
青森県も対策を講じています。

 青森県総合販売戦略課によると、落ちたリンゴは傷みが早く、
 1週間ぐらいで消費する必要があるため、
 青森県内で消費することを想定しているといい、
 同課で県産品の販売協力店として登録していた
 量販店など県内96店が販売協力に名乗りを上げた。

落ちたリンゴの販売店確保 青森県、台風接近に備え(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040907-00000238-kyodo-soci

普通に出荷できていた時の値段に比べれば
焼け石に水でしょうけど、腐らせてしまうよりはマシですから。
今年は台風が多いですね。


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。