2004年09月11日

ふなばしオート存続の危機

 経営赤字が続く公営ギャンブル「船橋オートレース」
 (千葉県船橋市浜町)について船橋市は十日、
 来年度中にも撤退する方針を固めた。
 すでに従業員の退職金算定など具体的な撤退費用の算定に入っており、
 同じくレース開催権を持つ千葉県と、月内にも本格協議に入る。
 船橋市と同様に赤字経営に苦しむ千葉県が同一歩調をとって撤退すれば、
 全国初のオートレースとして昭和二十五年に始まった船橋オートは
 五十年以上の歴史に幕を下ろすことになる。

風前の灯・船橋オート “市がリタイア”赤字2億超、改善に見切り(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040911-00000017-san-soci

公営ギャンブル場が沿線に数多く存在するため
ギャンブル路線と呼ばれる武蔵野線の千葉県側の端に船橋オートはあります。
いわゆる「3競オート」と呼ばれる、競馬、競輪、競艇、オートのなかで
一番規模が小さいのがオートレースです。

オートに限らず公営ギャンブル場はどこも厳しい舵取りを迫られています。
中央競馬だけが例外的に儲かっているような感じでしょうか。

北関東競馬の灯は揺れて
http://s03.2log.net/home/kensukejan/archives/blog43.html
ゴールドラッシュ・田中勝春1000勝
http://s03.2log.net/home/kensukejan/archives/blog51.html

オートレース発祥の地ふなばしですら廃止の流れに逆らえない状況です。
すぐそばの船橋競馬はまだ安全圏ですが今後どうなるかは誰にもわかりません。
記事では同じくギャンブル路線沿いにある松戸競輪にも触れていますが、
松戸競輪よりも状態が厳しかったのかと驚きました。

廃止をしたら跡地にマンションでも出来るのでしょうか。
寂しいです。

船橋オートレース
http://www12.ocn.ne.jp/~autorace/

ちなみに、アイドルからレーサーに転向して話題になった
元スマップの森且行は今も現役でがんばっています。
http://www.katsuyuki.net/


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。