2004年10月17日

離席するとパソコンをロック

 シチズン時計は企業内でのパソコンの不正使用を防ぐための
 セキュリティー機器を開発した。
 ICタグ(荷札)内蔵の名札とパソコンに接続するアンテナを組み合わせ、
 使用者が離席すると自動的にパソコンをロックする。
 2005年3月から発売する。
 来年4月の個人情報保護法完全施行に伴い
 セキュリティー対策強化を進める企業の需要を狙う。

 商品名は「CertifGate(サティフゲート)」。
 従業員が胸に付ける名札と、パソコンに接続したアンテナとの間で
 微弱電波方式で情報を送受信する。
 従業員が受信圏内から出ると自動的にパソコンをロックし、
 圏内に戻るとロックを解除する。
 鍵をつけたまま離席してしまうミスが防げるほか、
 パスワードの入力などの認証手続きをしなくても作業を再開できる利点がある。

離席するとパソコンをロック――シチズンがセキュリティー機器(日本経済新聞)
http://it.nikkei.co.jp/it/news/newsCh.cfm?i=2004101606235j0&h=1

これ一瞬便利かと思ったけど、なんとなく名札をつけたくないような。
ロック解除はパスワード入力でいいや。面倒でも。


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。