2004年12月10日

六本木はご用心

繁華街の安全を守るのは誰でしょうね。

 ロッポンギは危険地区!?
 ――東京都港区六本木で今月2日、
 米国人男性が刺殺された事件などを受けて、
 米国大使館が日本に在住する米国人らに対し、
 「繁華街・六本木に行くと犯罪に巻き込まれる恐れがある」
 として、ホームページで異例の警告を出している。

 「六本木に関する心配」と題するその警告文書では、
 米国人刺殺事件のほか、米国人を含む6人の外国人が
 六本木でヘロイン中毒となり、うち3人が死亡したと報告。
 また、複数の米国人が六本木のバーやクラブで
 旅券を盗まれる被害が報告されているとして、
 「六本木を訪れる場合は用心してほしい」と、警鐘を鳴らしている。

 米政府関係者によると、「六本木では過去1年間に、
 米国人の旅券盗難の被害が少なくとも10件あった。
 米国人の旅券が高額で売買されていた事実も確認されている」という。

六本木はご用心…米大使館が異例の警告(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041210-00000305-yom-soci

在日米国大使館
http://japan.usembassy.gov/tj-main.html


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。