2005年01月01日

高齢ニッポン存亡岐路

2005年、あけましておめでとうございますと
挨拶をしながら明るくない未来の見出しが。

 平成十六年に生まれた赤ちゃんは百十万七千人で前年より約一万七千人少なく、
 出生数から死亡数を引いた自然増加数も初めて十万人を割るのが
 ほぼ確実であることが三十一日、厚生労働省の人口動態統計・年間推計で分かった。
 「将来推計人口」は、日本の人口は
 十八(二〇〇六)年をピークに減少に転じると予測している。
 少子・高齢化の進行で、ついに迎える“人口減少時代”。
 日本社会は構造的な変革が求められている。

【待ったなし 人口減少時代】高齢ニッポン存亡岐路(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050101-00000000-san-soci

人口増に歯止めがかからなくて困っている国がある一方で、
日本のように人口減に頭を抱える国もある。
この際、食糧自給率を高める努力は
さりげなく行っておくべきだと思いますけど、
国民に対して米食の強制は行えませんからね。難しいところです。


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。