2005年01月08日

日本の自治体におけるLinuxサーバーの利用状況

ITの巨人マイクロソフトは消費者に対してサーバー用途においても
自社のWindowsを使って欲しいと本気で思っています。
金に糸目をつけないなら考えてもいいのかもしれませんけど、
導入費用が安くて性能も劣らないLinuxは強敵です。

 調査によると、Linuxサーバーの利用率は53.0%と、
 2003年の34.8%から大幅に高まっている。
 また、稼働サーバーシステムにおける台数比率では、
 2003年の6.1%から11.4%と、2倍近く拡大した。

自治体のLinuxサーバー利用調査〜利用率と稼働台数ともに大幅な伸び(impress Watch)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050107-00000026-imp-sci


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。