2005年03月10日

星にも重さ制限 太陽の150倍が限界か 米宇宙望遠鏡科学研究所チーム

太陽の150倍という大きさがどんなものなのか、
何と比較しても実感できるものではないのでしょう。

 自分で光る恒星にも大きくなれる限度があり、
 質量にして太陽の約150倍が上限らしい−−。
 米宇宙望遠鏡科学研究所(メリーランド州)のチームが、
 米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡を使った
 多数の星の観測からこんな結論をまとめ、9日発表した。
 星の質量は誕生時から決まっているが、
 どこまで重い星が宇宙に存在するかは未解明。
 直接観測に基づく信頼性の高い推定は初めてという。

星にも重さ制限 太陽の150倍が限界か(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050310-00000054-kyodo-soci

太陽 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD
宇宙望遠鏡科学研究所 STScI (The Space Telescope Science Institute)
http://www.stsci.edu/
ハッブル宇宙望遠鏡 Hubble Space Telescope
http://hubblesite.org/
http://heritage.stsci.edu/
航空宇宙局 NASA (National Aeronautics & Space Administration)
http://www.nasa.gov/
NASA日本語公式サイト
http://www.hq.nasa.gov/office/codei/japan/


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。