2005年03月14日

榊原英資 日本のビジネス界に「反動的な外国嫌い」

ライブドア株の商いが大きく膨らんでいます。
リーマン・ブラザーズが大きく売りにきているのではとの見方も出ています。

 14日付の英紙フィナンシャル・タイムズは社説で、
 榊原英資慶大教授が、ニッポン放送株買収を進める
 ライブドアの後ろ盾とされているリーマン・ブラザーズのアドバイザーを
 「金融界の既存権力からの圧力の下」で辞任したと指摘した上で、
 本来ライブドアに向けられるはずの怒りが
 外資のリーマンに向けられているのは日本のビジネス界に
 「反動的な外国嫌い」が存在していることを示唆するものだと批判した。

日本に「反動的外国嫌い」=ライブドアへの怒りが外資に−英FT紙(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050314-00000883-jij-bus_all


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。