2005年03月21日

映画「ハルウララ」完成披露試写会

公営ギャンブルへ吹き付ける風は相変わらず厳しい昨今。
プロ野球往年の名選手たちが頑張るマスターズリーグのように、
高知競馬ではかつて中央で活躍したスターホースの姿を見る事が出来ます。
そういえばあのハルウララ号はどうしたでしょうか。
ブームとはいつも寂しいものです。

 高知競馬(高知市)でデビューから113連敗中の
 人気競走馬「ハルウララ号(牝9歳)」を描いた
 映画「ハルウララ」の完成披露試写会が21日、高知市内であり、
 約350人が観賞した。
 ウララの調教師、宗石大さん役に渡瀬恒彦さん、
 宗石さんは独身だが、映画では賀来千香子さんが妻を演じる。
 ウララが全国的な人気を集めていく様子などが描かれ、
 ウララ自身の出演シーンもある。
 試写会の前には、きゅう務員の藤原健祐さん役の忍成修吾さん、
 宗石調教師の娘役の七海まいさん、宗石さんらが出席して
 舞台あいさつがあり、宗石さんは「多くの方々の協力と、
 ファンの声援のおかげで、この映画ができた。心から感謝します」と述べた。
 映画は4月9日から、高知市内の2映画館で先駆けて上映。
 その後の上映場所、日程は調整中。

<競馬>ハルウララ描いた映画の完成披露試写会 高知(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050321-00000066-mai-soci

映画ハルウララ
http://www.haruurara-movie.com/
高知競馬
http://www.keiba.or.jp/


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。