2005年04月06日

O型とA型の血液が不足しています。献血にご協力をお願いします。

このニュース、かなり深刻な問題のはずなのですが、
なかなか話題になりませんね。

 全国で輸血用血液が大幅に不足し、特にO型とA型は、
 治療への影響が懸念されるほど少なくなっていることが、
 日本赤十字社の調べで分かった。
 少子高齢化で献血者が年々減っているうえ、
 変異型(新型)クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)に
 国内で初感染した男性の渡航歴から決まった英仏渡航者の
 献血禁止方針も原因とみられる。厚生労働省は献血推進本部を設置し、
 都道府県に対し、初めて対策本部設置を要請するなど血液確保に懸命だ。
 日赤によると、今年3月31日現在、血液製剤(赤血球製剤)の適正在庫
 (前年度実績などを基にした1日平均供給量の3日分)率は、
 全国平均ですべての血液型が100%を下回った。
 70%を切ると、大きな手術や突発的な治療に必要な血液が
 足りなくなる恐れが出てくるが、O型は66%、A型は69%しかなく、
 B型とAB型はそれぞれ87%と85%だった。

<輸血血液>大幅不足 「A」「O」は特に深刻(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050406-00000053-mai-soci


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。