2005年06月10日

Windows Update v6 へのアップグレード

世界中で使われているマイクロソフト社の商用OSであるウインドウズは、
パソコン向けのOSとして圧倒的なシェアを誇っているがゆえに、
セキュリティの穴を重点的に狙われ続けています。
開いている穴を閉じるために日々修正プログラムの開発に追われているのです。
また、新しい機能を追加する場合にも修正プログラムで対応しています。

企業や家庭などパソコンが使われる環境において、
インターネットが当たり前となった(とマイクロソフトは思い込んでいる)現在、
修正プログラムの配布はインターネット上で行う事が前提となりました。
ユーザーに修正プログラムを届ける手段として、
フロッピーディスクやCD-ROMを配布するというのは
適したやり方ではない(とマイクロソフトは決め付けている)のです。

修正プログラムを配布するためのページである Windows Update が
リニューアルされることになったようです。

 マイクロソフトでは、現在 Windows ユーザーに提供している
 Windows Update サイトを新しい Windows Update サイト
 (Windows Update v6) へ段階的に移行していきます。
 移行は自動的におこなわれ、移行期間中または、移行期間後に
 ユーザーが Windows Update サイトへアクセスした際に、
 Windows Update v6 の導入プロセスがおこなわれます。
 移行の対象となるオペレーティング システムは、
 Windows XP, Windows Server 2003, Windows 2000 です。
 Windows 98、Windows Millennium Edition については移行は行われず、
 現行の Windows Update サイトが継続して利用されます。

Windows Update v6 へのアップグレード
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;899789

Updateサイトが変わろうとも、ユーザーの心構えが変わらない限り、
セキュリティの穴がふさがれる事は無いのですが。


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。