2005年09月07日

2006年1月1日午前8時59分60秒

 <「うるう秒」とは?>
 かつて、時刻を決めるためには、地球の公転・自転に基づく天文時が使われていましたが、
 現在では、原子の振動を利用した原子時計をもとに決められるようになり、
 非常に高精度なものとなっています。
 このため、逆に天文時に基づく時刻との間でずれが生じるようになりました。
 そこで、原子時計に基づく時刻を天文時と0.9秒以上ずれないように
 調整を行った時刻を世界の標準時として使うことにしています。
 今回の「うるう秒」の調整も地球の公転・自転に基づく時刻とのずれが
 0.9秒に近づいたために行われるものです。
 なお、最近では7年前(平成11年(1999年)1月1日)にうるう秒の挿入を行いました。

 (参考)地球の回転についての国際観測を実施している国際地球回転事業(IERS)がこの調整を決定。


「うるう秒」挿入のお知らせ
− 来年の元日はいつもより「1秒」長い1日です −
http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h17/050907/050907.html
2006年元日はいつもより1秒長い1日に、NICTが「うるう秒」の挿入を発表
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/09/07/9064.html


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。