2005年10月19日

FeliCa向け半導体出荷 累計1億個に

クレジットカードや会員証などに電子マネー「Edy」のマークを
見かけることは既に珍しいものでは無くなりました。
コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンドなど
利用可能な店舗は増えつづけています。

一方、鉄道事業者が普及を進めている
「Suica」「ICOCA」「PiTaPa」なども
順調に利用者数を伸ばしています。
「Suica」と「ICOCA」の相互利用や、
首都圏の私鉄、バスの「Suica」導入で
更なる普及も見込まれています。

「Edy」も「Suica」もFeliCaチップを使っている
非接触型ICカードという部分は同じなのですが、
相互利用は出来ません。

香港で普及している「Octopus card(八達通)」や
シンガポールで普及している「EZ-Link」のように、
地域内で規格が統一してあれば不便も無くて良いのですが、
次世代DVDの規格争いを見ても分かるように
難しい問題のようです。

 ソニーは19日、非接触IC技術「FeliCa(フェリカ)」に使う
 半導体チップの累計出荷が1995年の導入以来、
 約10年で1億個に達したと発表した。
 JR東日本の改札用カードや決済機能を持たせた
 NTTドコモの携帯電話での採用実績が伸びた。

ソニー、「フェリカ」向け半導体出荷が累計1億個に
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051019AT1D1901W19102005.html

携帯電話にFeliCaチップを搭載したおサイフケータイも
DoCoMo、au、Vodafoneの3キャリアが揃うことで
さらに普及が進んで行くのでしょう。
2006年1月からはモバイルsuicaも始まり、
EdyもSuicaもどっちも使えるおサイフケータイが
いわゆる勝ち組になるのかもしれません。

電子マネー「Edy」
http://www.edy.jp/
Suica
http://www.jreast.co.jp/suica/


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。