2005年12月26日

萌える静岡おでんin秋葉原

チチブ電機のおでん缶自動販売機。
すっかり秋葉原の名物となった冬の定番商品。
そこから通りを挟んだ向かいにある
ラオックス ザ・コンピュータ館に
何やら奇妙な商品が登場。

 この商品は静岡に本社を置く駒越食品が生産し、
 ラオックスが販売する。
 直径8cm、高さ4.2cmのスチール缶の表面には
 土鍋らしきものを持ったメイドキャラ(ドジっ子)が描かれており、
 アキバを意識したデザインとなっている。
 ラベルには“焼津の海洋深層水使用”と記載されており、
 素材にもこだわっているようだ。
 気になる具は、こんにゃく×3、黒はんぺん×1、
 ちくわ×1、スジ、豚モツ×1、昆布×1、うずら卵×1の7種類。

おでん戦争勃発! ラオックス系列で萌えキャラおでん缶「おてんちゃん」の取り扱いが始まる!
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2005/12/23/659741-000.html
アキバ新名物?萌え系イラスト付きおでん缶をLAOXが発売
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20051224/etc_otenchan.html

ラオックス全店で売られている「缶のおでん屋 おてんちゃん」。
この商品について注目をしなくてはいけない点は、
萌えキャラ「おでんちゃん」が描かれていることではなく、
ラオックスで売られていることでもなく、
具材のはんぺんが「黒はんぺん」であるということ。
間違い無い、これは「静岡おでん」である。

静岡のはんぺんは黒い。それが静岡の常識。
静岡では白いはんぺんのことを「白はんぺん」と呼ぶ。
駿河湾の近海で獲れた新鮮なイワシやサバなどを使って
作られる黒はんぺんはしっかりした歯ごたえ、そして
鉄分やカルシウムなどを豊富に含んだ健康食品。

萌缶に秘められた「静岡おでん」全国制覇の野望。

【食料】おでん戦争勃発!ラオックス系列で萌えキャラおでん缶「おてんちゃん」の取り扱いが始まる!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1135343679/


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。