2006年01月18日

エレベーターがリニアの技術をインスパイヤ

時速550kmで疾走する夢の超特急、リニアモーターカー。
いつの日か実用化されることを信じて
技術開発が続けられています。

Welcome to LINEAR EXPRESS
http://linear.jr-central.co.jp/

磁力で浮上するリニアの仕組みを
エレベーターに取り入れたらどうなるのか。
東芝エレベータの挑戦。

 通常のエレベーターは、モーターの動力とかごを吊っているロープを組み合わせ、
 昇降路内に設置されたガイドレールに沿って走行しています。そして、
 かごとガイドレールの接地面には、ローラーガイドと呼ばれる車輪がついており、
 エレベーターの走行を支える案内装置の役割を担っています。

 この度、当社が世界で初めて開発した「磁気浮上制御」を活用した
 エレベーターの案内装置は、永久磁石と電磁石で構成された複合形磁石ユニットにより、
 エレベーターのかごとガイドレールを接触させることなくエレベーターを走行させるため、
 レールの加工精度や据付状態に影響を受けないことから、
 従来のシステムよりも乗り心地を向上させ、快適な走行が可能となります。
 また、滑らかな走行により、騒音の抑制を実現しています。

いいことだらけの新技術、2008年春の製品化を目指して開発中。

世界初 磁気浮上制御を活用したエレベーター案内装置の開発について
http://www2.toshiba-elevator.co.jp/elv/pressrelease/20060117.jsp
東芝エレベータ、世界初の磁気浮上式エレベーター開発、リニア技術の応用で
http://bcnranking.jp/products/01-00005954.html


タグ:ニュース
posted by 三葉虫是政 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。